2022年03月09日

江戸東京野菜の研究者・故福井功さんのご子息から一周忌に出版された「自然を愛して」を贈呈頂いた。


江戸東京野菜の研究者で、東京都農業改良普及員として東京農業の発展に貢献されてきた大先輩の福井功さんの著書「江戸東京の野菜図説」を入手したことから、当ブログで紹介している。

ブログに掲載したことを報告した事で、ご子息の幸人さんから、お父様の思い出として、平成16年6月20日の一周忌に出版された「自然を愛して」を贈呈頂いた。

同誌は、生前農業や野菜に関する集大成「江戸東京の野菜図説」の中から12点を選んで、1人でも多くの方の目に触れてほしいと本にまとめたと、奥様が書いています。





1-1.JPG

「江戸東京の野菜図説」を紹介する中で、福井さんと一緒に撮った写真はないかとアルバムを探したがなかったが、

上の画像をタップする、
「自然を愛して」に、ダンディなお写真が掲載されていた。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介