2022年03月20日

3月17日(木)農政ジャーナリストの会が企画した、デンマーク農業を学ぶため、デンマーク王国大使館に伺った。


先日、農政ジャーナリストの会(JAJA)からメールで、3月17日(木)
午後2時から駐日デンマーク王国大使館(渋谷区猿楽町29-6)で、
「デンマーク農業の説明会」を開催するとの連絡があった。

日本農業新聞などに執筆している農業ジャーナリストの山田優さんが、
参加者のまとめ役をされていたので、
お誘い頂いたことにお礼を申し上げた。

今年6月末から7月にかけて、
デンマークで国際農業ジャーナリスト連盟(IFAJ)が世界大会を
開催するので、参加者が主体のようだった。

デンマークに行く予定はないが、デンマークの農業を
知りたかったので出かけた。






1-1.JPG

デンマーク王国 ピーター・タクソ・イェンセン駐日大使から、

上の画像をタップする
農政ジャーナリストのメンバーに歓迎の挨拶を述べられた。

挨拶では、デンマークでの新型コロナの状況に触れたあと、
ロシアのウクライナ侵攻についても述べられ、国内経済が大きな
影響を受けているが、ウクライナはデンマークに近く、物資の支援や
避難者の受け入れなど近隣諸国と支援していて、日本の対応にも
感謝している。

ロシアやウクライナからから購入していた食品や小麦などにも
影響が出ていて、デンマークでは自給率77%だから影響は少ないが、
アフリカ諸国には、影響が出ているはずだ。

また、日本との関係では、緑の食糧システムとも一緒にできるのでは
ないか、SDGsとしても、オーガニックの農法他、日本の科学技術を
導入してCO2の削減につなげたい。

秋には環境食糧大臣が来日するが、協定が結べるようにしたいと
述べられた。


消費電力は風力発電の比率が世界一で、SDGsでも7番を
大きくアピールしている。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報