2022年03月22日

私立聖学院高校の「みつばちプロジェクト」の生徒が作った「はちみつジンジャーエール」を頂いた。



先日、北区立稲付中学校の食育の授業で江戸東京野菜の物語を
話してきたことは、報告した。

当日は、同校の職場体験学習で協力している三益屋酒店の
東海林孝生社長が授業参観をされたので、授業が終わった後で、
東海林社長の案内で歩いて桐ヶ丘1丁目の同店に伺った。






1-1.JPG

滝野川ごぼうビールを発売した東海林さんの思いを伺い、
「お江戸下町ビール」を試飲していたが、そこに、
私立聖学院中・高等学校の相澤睦教諭が、
「青天、渋沢はちみつジンジャーエール」とラベルの違う
「Honey Ginger Ale」のセットを、段ボールに入れて持ってこられた。

相澤先生は理科の教諭で、みつばちプロジェクト顧問をされている。

このジンジャーエールは「みつばちプロジェクト」の生徒たちが
2021年度に作ったもので、販売を同校のOBでもある東海林さんに
味わってもらおうと持参されたもの。

上の画像をタップする
ラベルには「お子様から大人の皆さまにまで、エールを送りたい! 、
「青天」という途方もなく大きな目標に向かう力と希望を
このジンジャーエールから得て欲しいという想いで、
先のNHK大河ドラマ「青天を衝け」から商品名を付けました。

そして、小さなお子様でもおいしく飲めるよう辛みを抑えました。
この商品は北区渋沢栄一プロジェクト推進事業選定商品です。」と
聖学院高校のプロジェクトの生徒の思いが記されていた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 滝野川のゴボウ、ニンジン