2022年05月31日

北区立滝野川第三小学校に滝野川ゴボウの調べ学習用資料をもって伺った。


瀧野川八幡神社の滝野川ゴボウの栽培は、間引きを行った後、
更なる生育を見せているが、
同神社の復活栽培をきっかけに、地域に普及を行っている。

谷端小学校での出前授業をはじめ、滝野川もみじ小学校、
西ヶ原小学校にはプレゼンに伺っているが、

滝野川第二小学校、滝野川第三小学校からは、お願いする予定だが、
この時期、運動会なども予定されていることから、
出前授業の実施は、6月に入ってからになる予定だと聞いている。

先日、王子まで行く用事があったので、
滝野川第三小学校の来栖副校長のご都合を聞いて伺った。

同校は、JR王子駅から飛鳥山を超えて徒歩で10分足らずの所にある。
飛鳥山には、渋澤栄一の記念館がある。






1-1.JPG

通称「滝三小」の玄関には、令和3年度卒業記念として
「澁澤栄一の夢七訓」が掲げられていた。

上の画像をタップする
滝三小の特色は、環境面での特色が紹介されている。

滝野川ゴボウに滝野川ニンジンが掲載されている
江戸東京野菜暦」を調べ学習の参考資料として持参した。

關口泰正校長にお会いすることが出来た。
来栖先生とは、出前授業の件でお話しているが、
校長先生には初めてなので、出前授業の内容等についてお話した。

同校では、3年生が副読本に沿って、地域の事を勉強しているが、
すでに谷端小学校で3年生にお話ししているので、パワーポイントを
滝三小用に、一部修正する予定でいる。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 滝野川のゴボウ、ニンジン

瀧野川八幡様では、滝野川ゴボウの播種から間引きまでの経過を、断熱ボードに貼り出した。


滝野川ゴボウの復活栽培をしている瀧野川八幡神社の藤井知樹宮司から写真を送って頂いた。
滝野川ゴボウは塩ビ管で栽培しているが、灼熱の夏場を過ごすのが、
ポイントで、断熱シートや断熱ボードを使って防いでいる。

滝野川ゴボウの栽培は、地域の話題になっていて、八幡様の参拝の
ついでに、滝野川ゴボウの生育を見ていく参詣者も多く。

“いつタネを蒔いたんですか!” 等の質問も多いことから、
このほど播種から間引きまでの経過を、断熱ボードに貼りだした。





1-1.JPG

上の画像をタップする
播種祭(はしゅさい)・種まき 令和4年3月27年
発芽(はつが)しました。 令和4年4月5日〜4月8日
本葉がでました。 令和4年4月13日
間引きをしました。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 滝野川のゴボウ、ニンジン

2022年05月30日

東京女子学院高等学校フードカルチャーコースの栽培授業が先日行われたので、行ってきた。


東京女子学院高等学校FCコースの、畑に5月中旬に見に行ってきたが、その後、栽培授業が行われた。

農園には、9時45分、FCコースの保積栄理先生、富田有香子先生を
はじめ、生徒達が集合した。
今年の2年生は、畑作業を楽しんでいる傾向がみられるし、
畑も広く使っているから収穫が楽しみだ。





1-1.JPG

渡邉和嘉さん(江戸東京・伝統野菜研究会副代表)の指導で、
前回の授業では、寺島ナス、内藤かぼちゃに、F1のキュウリと、
トマトなどを定植し、支柱はある物を利用して立てていた。

定植時より、苗が生育したので苗に合わせて、
支柱に誘引するように麻紐で縛るなどの作業を行った。

上の画像をタップする




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2022年05月29日

滝野川紅葉中学の伝統ある滝野川ゴボウの播種の様子を参観してきた。


滝野川ゴボウの復活栽培を、瀧野川八幡神社で実施したことから、
調べてみると滝野川地区の小学校でも栽培していることが分かった。

種は滝野川紅葉中学(井口尚明校長)から毎年頂いていると云うので、
一度は同中学の話を聞いておく必要があると、
斉藤副校長に電話でお願いをした。

同中学に入学する地域の小学校をサブファミリー (滝野川第二小、
滝野川第三小、谷端小、滝野川もみじ小、たきさん幼稚園)と呼び、
種を提供しているという。

北区立谷端小学校での出前授業、同じ中学校では稲付中学に
2012年から毎年伺ってい
て、今年も江戸東京野菜の話をしてきた
とお伝えした。何でも斉藤副校長は稲付中にいらっしゃったとかで、
こちらの素性が分かったところで、種まきの日に招いて頂いた。

同校が、統合前の北区立紅葉中学時代(平成10年頃)から
栽培をしていることは、当ブログで紹介しているので、
一度は見せていただきたいと思っていた。

井口校長には、お招きいただいたことにお礼を申し上げた。






1-1.JPG

滝野川ゴボウの栽培は、給食委員会が行っていて、委員会は
各学年4クラスの内、各クラスから2名選出されていて、
24名で構成されている。

上の画像をタップする
この日は、授業が終わった後の2時半から、給食の反省について、
堀先生(特別支援学級担任)と、平岩栄養士の元で進められた。
その後、校庭脇の圃場に出て、種まきとなった。
圃場は校舎の東側(上の写真)と西側に分かれてあった。

すでに、堀先生の指導で、特別支援学級がトマト、ピーマン、ナスを
畝ごとに定植していて、滝野川ゴボウのスペースは空けてあった。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 滝野川のゴボウ、ニンジン

2022年05月28日

東京の代表的野菜生産者・練馬の井之口さんの畑を見学に無印良品の店長が視察に来られた。


先月末に、無印良品の山中吉隆店長(新宿店)と
菊地香織店長(武蔵野美術大学市ヶ谷キャンパス店)が、
尋ねてこられた。

江戸東京野菜に注目されていたので、新宿の伝統野菜となると、
早稲田ミョウガに、鳴子ウリ、そして内藤カボチャにトウガラシが、
あるが、それら生産者を紹介していた。

その後、早稲田ミョウガを栽培している生産者井之口喜實夫さんと
連絡が取れ、畑に伺う日が決まったと、連絡が来ていたが、
こちらも都合がついたので、伺うことが出来た。

井之口さんのお宅には3月の初め、早稲田ミョウガのミョウカタケが
栽培されているときに、野菜のバイヤーとしても活躍している
小堀夏佳さん、
それと、毎日新聞の大谷麻由美さんを案内して伺って

以来で、定植をされたばかりの自宅前のキャベツも大きく育っていた。






1-1.JPG

山中吉隆店長と菊地香織店長に、
新たに部門マネージャーの田中直人さんが加わった。

田中さんは新宿ピカデリーB1のムジカフェを担当されているようで、
直接東京の食材を活用される立場のようだ。

上の画像をタップする
早稲田ミョウガも順調な生育を見せていて、
すでに日除けのネットも張られていた。

井之口さん本来の初夏産のキャベツも葉を広げていた。
東京産キャベツの代表的生産者であることを、皆さんに紹介。
或る意味、井之口ブランドのキャベツであると伝えた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸東京野菜と生産者達

2022年05月27日

浅草葱善の田中庸浩社長から、浅草神社の三社祭りの写真が送られてきた。


浅草葱善の田中庸浩社長から、
浅草神社の三社祭りの写真が送られてきた。
5月21日22日の二日間にわたって、催行された。

浅草神社の三社祭と呼ばれているのは、浅草神社に祀られている神様、
師真中知、檜前浜成、檜前武成の三社様が、浅草寺を建てるのに
貢献したとして、浅草神社に祀られています。

浅草の皆さんにとっては、三社祭りが終わらない事には、
仕事は手につかないとして、祭りは盛り上がる。






1-1.jpg

浅草葱善の田中社長をはじめ、社員の皆さんも落ち着かない
日々を過ごしていた。

上の画像をタツプする
宮出しで、浅草神社から隣の浅草寺の方に、御輿は出ていく。

例年御輿は、一之宮、二之宮、三之宮の三基が、西、南、東に
分かれて回るが、今年は、三基が全域を連なって回ったようだ。

「YouTube」今年の浅草三社祭はここからご覧ください。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2022年05月26日

先日、三國シェフにお誘いを頂いて、オテル・ドゥ・ミクニで、フルコースを頂いてきた。


東京女子学院のフードカルチ―(FC)コースでは、江戸東京野菜等の栽培を行い、収穫された野菜を調理に使うなどの、食育授業を行っている。

同校における、江戸東京野菜の授業の企画案を提案している本会
(江戸東京伝統野菜研究会)では、これまで、オテル・ドゥ・ミクニの
三國清三シェフが、実施している、食育講座のミクニレツスンを、
同校FCコースでも出来ないものかと、昨年来お願いしていたが

日程が決まったので、食事にいらっしゃいと、招いて頂いた。






1-1.JPG

1月末に、ホテル・ニューオータニの40階(〇印)のレストラン
「ベッラ・ヴィスタ」で三國シェフがプロデュースする「新江戸洋食」
に招いて頂いた
が、ニューオータニには、JR四ッ谷駅からは、
上智大学脇のソフィア通りを土手に沿って歩いて行くこともできる。

上の画像をタツプする
オテル・ドゥ・ミクニは、それとは逆に迎賓館方面で、
学習院初等科の北側にあたる。
バイデン大統領の来日の予定もあり、迎賓館周辺は警備の
警官が至る所に立っていた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜

2022年05月25日

上原恭子の江戸東京野菜の美味しい食べ方。川口エンドウ料理編



江戸東京野菜の川口エンドウが、収穫の最盛期を迎え、
コンシェルジュの川口エンドウ女子隊が大活躍です。

生産者では、草木弘和さんが、5月27日(金)、TBSラジオ14:00から
金曜たまむすび」で
川口エンドウを語る。

草木さんの出演は開始55分後の2時から「東京もん」のコーナーです。
ここからお聞きください。

江戸東京野菜コンシェルジュ協会理事の上原恭子が送る
江戸東京野菜の美味しい食べ方。

濱中さん、/福島さん、/草木さん/、加藤さんのを順に
送ってもらえたので5品を紹介します。





1-1.JPG

@ 川口エンドウ木の芽味噌マヨネーズあえ
 (濱中俊夫さん)

茹でた川口エンドウを切ってから木の芽味噌と
マヨネーズを合わせて和えました。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシェルジュ協会事業

2022年05月24日

瀧野川八幡様のゴボウ栽培、子ども会の1か月遅れの栽培は、5月21日に間引きを行った。


瀧野川八幡神社(藤井知樹宮司)では、創建820年を迎え、地元の伝統野菜「滝野川ゴボウ」の復活栽培を行っていることは、紹介している。

子ども会の皆さんが1か月遅れで播種した、滝野川ゴボウは、
その後順調に生育していた。






1-1.JPG

5月15日の段階では、本葉が2枚出始めました。

上の画像をタップする、



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 滝野川のゴボウ、ニンジン

2022年05月23日

江戸東京野菜の川口エンドウが最盛期を迎え、女子隊の皆さんが大活躍で、栽培農家から喜ばれている。


川口エンドウが最盛期を迎えていて、
川口エンドウ女子隊の増田純代さんから、写真が送られてきた。

女子隊の八幡名子隊長の元に、5月7日頃から出荷が始まっていたが、
コンシェルジュの松嶋あおいさん、木村えり子さん、
若林牧子さんが活動した様だ。

八王子の生産者では、福島秀史さん、加藤英輔さん、草木弘和さん、
濱中俊夫さんの畑を回って収穫のお手伝いをしている。






1-1-6.JPG

オギプロフア一ムでは、淀橋青果でのイベント用お弁当の食材として
1`の注文があったことから、A品を選んで袋詰め、

上の画像をタップする
女子隊の皆さんは、収穫した川口エンドウを10袋で1`を箱詰めして、
江戸東京野菜も活用している、
(有)ブレーントラスト ソースマジックケータリングに発送した。

オギプロフア一ムでは、5`程の収穫をしたが、
これを品質別に分けて価格設定をしている。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 八王子の伝統野菜各種

2022年05月22日

東京都が都内に広げようとするモデル都民農園「わくわく都民農園 小金井」を視察してきた。


先日、松嶋あおいさんが案内してくれると云うので、武蔵小金井駅で
待ち合わせたが、駅近くの大久保園を紹介した。

すっかり広いサツマイモ畑に見入ってしまったが、それを背にして、
目的の「わくわく都民農園 小金井」の建物があった。

わくわく都民農園 小金井」は、地権者の大久保勝盛さんと、東京都、小金井市、そして一般社団法人・小金井市観光まちおこし協会の
4者で組織されている。






1-1-2.JPG

東京都産業労働局農林水産部農業振興課が担当部署で、
東京都高齢者活用のセミナー農園整備事業として設置してあるもので、

農地が少ない東京において、都民の皆さんが利用できる都民農園を、
東京都が地権者と小金井市、小金井市観光まちおこし協会の
理解の元で小金井市に設置したもので、

農地のある都内各市町村に今後設置するためモデル的な農園だ。

上の画像をタップする
この建物には、小金井市観光まちおこし協会の事務室と、
ランチ・喫茶の「Plum」、に野菜の販売もしている



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小金井市での取り組み

2022年05月21日

東京女子学院高等学校フードカルチャーコースの皆さんが江戸東京野菜を栽培している、農園に行ってきた。


東京女子学院高等学校(野口潔人校長)のフードカルチャー(FC)コース
(保積栄理教諭)の皆さんが栽培している、農園に行ってきた。

同校の農園は、西武新宿線武蔵関駅から500bと近いことから、
思い立っても行きやすく、今回も江戸東京野菜の生育状況を見てきた。

農園に入るには、小笠原先生に電話をして、
了解を得てから入るようにしている。

農家だと、マルチを敷くところだが、予算のこともあり、
渡邉和嘉さんの指導でマルチは敷かず、資材はある物を
活用することを原則に栽培している。






1-1.JPG

上の画像をタップする
農園は、5月7日に定植したことは、紹介しているが、
その後、農園には授業としては生徒は行っていないようだ。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2022年05月20日

武蔵小金井駅北口を出た東側にマルチが敷かれ、幼稚園児が楽しみにしているサツマイモが育っている。


小金井市の農業委員松嶋あおいさん(江戸東京野菜コンシェルジュ協会理事)が、JRの武蔵小金井駅近くに、「わくわく都民農園小金井」が開設されたと云うので、先日案内してもらった。

農園は、武蔵小金井駅北口から小金井街道を50bほど行った
スポーツ店の角を曲がった辺りから畑が広がっていた。

この農地、かつては植木畑だったが、園主の勝盛さんが就農してから、
枝ぶりの良い植木を伐るなどして処分、
野菜畑がだんだん広がってきていた。

当ブログでも、2010年に勝盛さんの活躍を紹介している。





1-1.JPG

植木畑だった頃の、アメリカ石楠花(カルミヤ)が残っていて、
今が盛りと咲き競っていた。
それにしても、こんなに大きなカルミヤは珍しい。

上の画像をタップする
大久保園の門柱を入ったら、マルチが張られたサツマイモ畑が、
JRの高架橋に向かって広がっていた。

上の写真はドローンではない。
武蔵小金井駅を通過した上り電車の左側に見ることができる。
中央の木の奧に、わくわく都民農園小金井のレストランPlumと
右奥に農園が見える。

先代の勝征さんは大学の同期で、卒業後すぐに農業委員に就任して、
先代が残した駅前の1fの農地を、宅地並み課税の時代を守り抜き、
小金井市の農業の発展に貢献してきた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小金井市での取り組み

2022年05月19日

昭島市立中神小学校の4年生が実施している拝島ネギの苗の様子を見に行ってきた。


昭島市立中神小学校の拝島ネギの栽培の取り組みは、
3月末には発芽したと報告したが、
連休明けには、定植ができると思っていたが、
学校から連絡が無いので行ってみた。

拝島ねぎの栽培をしている農家鈴木寿昭さんは、コート種子の
拝島ねぎだから、機械で直接畑に蒔いていて、
畑では順調に生育しているという。




1-1.JPG

杉本幸司副校長がご案内頂いた。苗は伸びていたがまばらな感じ

上の画像をタップする
鈴木さんからは、生徒が定植するには、苗が小さいのもあり、
定植しずらいことから
もう少し大きくなってから、定植しましょうということのようだ。



続きを読む

2022年05月18日

絵本塾の「絵図解 やさい応援団」は、昨年12月に、シリーズ12冊が完成し、普及用のパンフレットか刷り上がった。



絵本塾の「絵図解 やさい応援団」は、昨年12月に最後の
「たまねぎ」が刊行されて、シリーズ12冊が完成したと、報告したが、

このほど、絵本塾出版からシリーズのパンフレットが送られてきた。


1-1.JPG

上の画像をタップする。

パンフレットが出来たので、伺った小学校へは
名刺代わりに置いてきている。

「トマト」は、4月に改訂版が発行された。
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2022年05月17日

「北区の農業・滝野川ゴボウ」の授業プレゼンに、谷端小学校での授業の後、西ヶ原小学校に伺った。


瀧野川八幡神社の藤井宮司から、本年創建820年を祝い、
由緒ある滝野川ゴボウで、地域興しを行いたいという話を伺い、

江戸東京野菜を普及する立場から、持続可能な開発目標として、
地元の小中学校での授業は重要で、北区では稲付中学と、
谷端小学校で出前授業を実施している。

滝野川もみじ小学校と滝野川第二小学校、滝野川第三小学校にも
相談していて、日程調整を進めている。

そんなことから、谷端小学校での授業の後、
西ヶ原小学校へプレゼンに向かった。




1-1.JPG

上の画像をタップする
西ヶ原小学校へは、谷端小学校からタネ屋街道の庚申塚駅に向かい
都電荒川線で二つ目、西ヶ原四丁目で下車して5分ほどだった。

お約束をしていた中村副校長が待っていて頂いたが、
校長室に案内され諸田哲校長にお会いした。

午前中に谷端小学校での出前授業や、滝野川もみじ小学校
滝野川第二小学校の対応などをお伝えし、
出前授業の実施に向けての検討をお願いした。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 滝野川のゴボウ、ニンジン

2022年05月16日

今年も、新宿区立西新宿小学校では、5年生による内藤カボチャの授業が始まった。


江戸東京野菜の内藤カボチャを栽培している西新宿小学校では、
今年も5年生が栽培をすると云うので
 皆川侑也教諭と打ち合わせを行ったことは、報告した。

パワーポイントの準備の都合もあったので、
10時前には着くように自宅を出た。

新宿の職場に通っていた20年前の事を思い出した。





1-1.JPG

西武新宿から歩いて、同校に向かった。

上の画像をタップする。
新宿西口から、動く歩道で都庁に向かったが、
その西側に西新宿小学校がある。



続きを読む

2022年05月15日

滝野川もみじ小学校で栽培している、大きな葉を広げた3年物の滝野川ゴボウを見せてもらった。


滝野川もみじ小学校(近藤充廣校長)で、
滝野川ゴボウを栽培していると、瀧野川八幡神社藤井知樹宮司から
伺っていたので、栽培の様子や授業などはどのようにしているのか、
広野副校長に電話をして伺っていた。

毎年滝野川紅葉中学から種を頂いて、6年生が勉強していると云う。

同小学校は、蛇行する石神井川の川沿いにあり、八幡様の近くの、
滝野川紅葉中学から50bほどの観音橋から、
橋一本下流の滝野川橋の袂にある。






0-1.JPG

写真左の茶色の建物が滝野川もみじ小学校

上の画像をタップする。
石神井川はこの辺りから、JR王子駅の方は音無川と呼ばれていた。

9日、八幡様で間引きを行った後、広野副校長に電話で、
今から伺うので栽培の様子を見せて頂きたいとお願いし
快い返事を頂いた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 滝野川のゴボウ、ニンジン

2022年05月14日

北区立谷端小学校に、地元の伝統野菜「滝野川ゴボウ」の出前授業に伺った。


北区滝野川地区の谷端小学校で、滝野川ゴボウの栽培をしていると、
瀧野川八幡神社で行われた播種祭で、地元谷端自治会
正木会長に伺った。

滝野川ゴボウでどのような授業をされているのかと、同校に電話を
すると、新型コロナ以後に同校に着任した山本清一副校長が出て、
今は栽培していないので是非と出前授業を要請された。

同校は北区と板橋区の区境いで、JR埼京線の板橋駅から2-3分の所。

戦前の昭和9年(1934)に、滝野川第六尋常小学校の分教場として
開校していて、その前は、牧場で近くの牛乳店に納めていたと、
清水智子校長に伺った。






1-1.JPG

少し早く着いたので、校長室に通され清水校長と
お話をする時間が持てた。

折角の機会なので、都内の小学校などで行っている、
江戸東京野菜の命をつなぐ授業についてもお伝えした。

藤井宮司の奥様も、授業参観に来られた。


上の画像をタップする
授業は9時35分から4年生。10時40分から3年生に
「北区の農業、滝野川の野菜」について話した。
東京の農業から入って、東京府北豊島郡と云われた時代、練馬、板橋、
北、豊島、荒川、新宿の一部で、特に江戸城の北、城北地方
(練馬、板橋、北、豊島)の特産物は、練馬大根、滝野川ゴボウ、
滝野川ニンジンで、どれも1b級の長い野菜が収穫されてきた。

同校の北を旧中山道が通り、巣鴨駅から板橋駅の間に、タネ屋さんが
集まり、タネ屋街道と云われていたことも。

特産物の歴史や特徴、食べ方についても、生徒達に質問をしながら
進めたが、生徒達も集中して授業を受けてくれた。

清水校長も、授業の内容と生徒たちの反応を見て、
分かりやすい授業でしたと、評価して頂いた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 滝野川のゴボウ、ニンジン

2022年05月13日

こどもの日に、紀尾井町にあるニューオータニに孫たちと食事に出かけた。


連休中の5日、紀尾井町にあるニューオータニに孫たちと出かけた。
ニューオータニには、1月末に40階にある新江戸洋食の
「ベッラ・ヴィスタ」に招待されている。

このホテルは、前の東京オリンピックの時に、外国からの
お客を収容するために建設されたもので、当時、屋上のスカイラウンジは珍しく、食事をしたことがあるが、1時間で1周する。
皇居から、新橋、渋谷、新宿方面が食事をしながら眺められた。







1-1.JPG

上の画像をタップする
今回は、日本庭園が間近に見える広い、”ガーデンラウンジ” で
ランチは「スーパースイーツビュッフェ」とあったことから
孫たちの希望で決めた。


ニューオータニにはブログを書き始めてから何度か来ている。
向笠千恵子先生に頼まれて、すきや連の例会が、2013年2月に、
メインロビー1階にある「岡半」で開催されたときに、卓話として
江戸東京野菜の話をさせていただいた。

紀尾井町は、紀州徳川家、尾張徳川家、井伊家の上屋敷があったが、
ニューオータニは近江の井伊家で、近江牛を食べさせる
滋賀県彦根市の千成亭・上田健一郎社長が同席だったことを思い出す。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記