2022年05月21日

東京女子学院高等学校フードカルチャーコースの皆さんが江戸東京野菜を栽培している、農園に行ってきた。


東京女子学院高等学校(野口潔人校長)のフードカルチャー(FC)コース
(保積栄理教諭)の皆さんが栽培している、農園に行ってきた。

同校の農園は、西武新宿線武蔵関駅から500bと近いことから、
思い立っても行きやすく、今回も江戸東京野菜の生育状況を見てきた。

農園に入るには、小笠原先生に電話をして、
了解を得てから入るようにしている。

農家だと、マルチを敷くところだが、予算のこともあり、
渡邉和嘉さんの指導でマルチは敷かず、資材はある物を
活用することを原則に栽培している。






1-1.JPG

上の画像をタップする
農園は、5月7日に定植したことは、紹介しているが、
その後、農園には授業としては生徒は行っていないようだ。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組