2022年06月10日

足立区の伝統野菜「千住ネギ」の「命をつなぐ千住ネギ栽培授業」が6月6日、千寿双葉小学校を皮切りに始まった。


足立区農業委員会が足立区立の小学校に対して実施している、
江戸東京野菜「千住ネギ」の栽培授業は6校で行われる
「命をつなぐ千住ネギ栽培授業」で、
6月6日千寿双葉小学校(星ア誠校長)を皮切りに始まった。

これまで同農業委員会が実施している千住ネギの栽培授業には、
都市農地活用支援センターが実施している
農の機能発揮支援アドバイザー」として派遣されているが、
まだ、農水省から予算が降りてこないからと、6月10日に予定された
保木間小学校の申請はできなかった。

先日、都市農地活用支援センターの会議で、今年度は6月7日から
派遣することになったようだが、10日の保木間小学校も行くことは
できなかった、両校には、変則だが定植の授業の時から伺う予定だ。

5月、6月は定植の授業が多く、会議では来年度からは6月中の申請
は、受付だけでも受けて欲しいと事務局には申し上げた。

先日、足立区産業振興課農業振興係の川合真由さんから、
当日の千寿双葉小の写真を送って頂いた。





1-1.JPG

千寿双葉小の、「命をつなぐ千住ネギ栽培授業」は、足立区で
始まった2015年の最初から実施しているが、農業委員会の
荒堀安行会長から頂いた、江戸東京野菜の千住ネギから、採種をした
5年生が4年生に伝達したことで、命をつないできた。

上の画像をタップする
今年度も、昨年栽培をした4年生が、今年5月、5年生になって
採種をした千住ネギの種を贈呈したもの、

荒堀会長からは、この授業で4年生に課せられたミッションは、
復活栽培をすることは勿論だが、後輩の来年の4年生に、
種を伝達できるように、栽培をしてほしいと、あいさつした。



続きを読む

2022年06月09日

北区立谷端小学校で、日本農林社の指導で滝野川ゴボウの播種を行ったと云うので立寄った。


先日、滝野川もみじ小学校で、出前授業を行ったことは報告した。
当日は、江戸東京野菜コンシェルジュの松嶋あおい理事にお手伝いを
頂いたので、瀧野川八幡様での復活栽培の様子も見てもらった。

これから、谷端小学校に寄って帰るので、藤井知樹宮司に帰り道を
伺ったら、同校まで車で送って頂けた。

同校の山本清一副校長には、調べ学習の参考資料をお持ちしたいと
云って、アポイントを取っていた。





1-1.JPG

出前授業で伺った時は、清水智子校長に案内して頂いたが
その後、3年生と4年生が播種をしていた。

上の画像をタツプする
同校も日本農林社で栽培指導をしているが、前回来た時にはゴボウの
木箱は、朽ちていたがきれいに補修されて、3年生が播種している。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 滝野川のゴボウ、ニンジン

2022年06月08日

小平市上宿公民館の地域支援講座の第2回が、小川町1番地の宮寺農園で実施された。


令和4年度の小平市上宿公民館事業企画委員会が企画した
地域支援講座の第1回が開催されたことは、紹介した。

第2回は、「江戸東京野菜の育て方」で、講師は、宮寺光政さん。
上宿公民館と同じ小川町1番地で江戸東京野菜を栽培している。

この日は、少し早く宮寺農園の作業場を訪ねると、宮寺さんから
「公民館集合ですヨ!」と云うので、二人で公民館に向かった。







1-1.JPG

上の画像をタツプする
そんなことで、公民館で皆さんにご挨拶(写真左上)した後、
細渕館長が受講者の方々を案内して、宮寺農園へ・・・

宮寺農園の中を横切る、小川用水(写真左下)。
収穫された農産物はこの作業棟で、出荷作業を行う(写真右上)。
東京ギャップを取得している宮寺さんは、消費者に対して安全安心
が栽培の基本としており、農業資材倉庫を見せた。(写真右下)



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育・食農・講演会等

2022年06月07日

滝野川第二小学校の6年生が蒔いた、滝野川ゴボウが発芽したと云うので見せていただいた。


北区立滝野川第二小学校(滝二小)では、毎年滝野川ゴボウを
栽培していると、瀧野川八幡神社の藤川宮司から伺っていた。

八幡様には、復活栽培を始めたことで、情報が集まってきていて
滝二小の情報もPTAの会長さんなどから話を聞いていたようだ。

何度か小杉副校長に電話で様子を聞いていて、6年生が播種をしたと
云うので、発芽の様子が見たくて、同校に電話をすると、
蓮実和代校長が出られて「どうぞご覧になってください」
と云うので伺ったもの。






2-1.JPG

同校は、都営三田線の西巣鴨駅から2-3分のところにある。

生徒達の調べ学習も進んでいるようなので、江戸東京野菜の
情報として、「江戸東京野菜暦」をクラス分持参した。

蓮実校長はご出張のようで、小杉副校長にご案内頂いた。

校庭脇のプールの裏に、各学年の菜園が並んでいた。
そこに、日本農林社の指導で造った新品の「ごぼう箱」があった。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 滝野川のゴボウ、ニンジン

2022年06月06日

関東北部を襲った降雹で、深谷アグリカレッジの4期生が定植した苗が全滅の被害を受けた。


特定非営利活動法人 アグリサポート深谷の代表鈴木紀安さんは、
2018年度に深谷アグリカレッジを発足させていて、
Facebookで、活動を報告している。

5月28日の実習では、4期生が楽しげに定植作業を行っていたが、

3日、関東北部を襲った雷雨に伴う降雹で、アグリカレッジ4期生が、
収穫を夢見て定植した苗が全滅の被害を受けた。


facebookより

1-1.JPG

上の画像をタップする
この惨状、4期生の皆さんは、さぞやがっかりされたことだろう。
お見舞い申し上げます。

埼玉。群馬の様子はANNニュースが報道している。

鈴木さんの話では、カインズホームで苗を購入することが出来たと、
不幸中の幸いか、定植のし直しをするという。

2014年、江戸東京野菜でも、三鷹のナス農家・星野直治さん
ナスがやられたことがあった。

青梅には、「雹害紀念塔」が建っている。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2022年06月05日

あきる野市で「ゆっくり農緑」を開設している石川敏之さんが、宗兵衛裸麦を収穫した。


先日、あきる野市で川口エンドウに似た、留原エンドウを栽培している
河村卿子さんの様子を知りたくて、同じあきる野市で
ゆっくり農緑」を開設している石川敏之さん
電話番号を教えてもらったが、話の中で、

そろそろ麦の収穫が始まると思って、石川さんが栽培している
宗兵衛裸麦の様子を聞いてみた。

今、丁度収穫中だという。これまでならすぐ車を飛ばして見に行く
ところだが、車が無い事を知っている石川さんは、
スマホで写真を送ってくれた。






1-1.JPG

このところ天候が変わって、激しい雷雨が襲ってくることもあるから、
刈り取るタイミングは難しいが、午前中は好天に恵まれたこともあり、
1人で刈り取りをしていると云っていた。

上の画像をタップする
はざ掛けをしてるのもあるが、雨が降る時はシートを掛けたり、
一部は自宅に持ち帰って雨に当たらないところに置いている
と云っていた。

今年の2月に、宗兵衛裸麦の復活普及に尽力している高野重春さんと、栽培している登坂信美さんが
八王子市上川の麦畑で、麦踏と芋煮会のイベントを行ったが、
刈り取りはまだ行っていないようだ。

高野さんの麦は、実った穂だけを切っていると云っていたが、
これも手間がかかりそうだ。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 檜原村とあきる野市の農業

2022年06月04日

北区立滝野川もみじ小学校の6年生に出前授業「ごぼうの滝野川」を話してきた。


滝野川もみじ小学校(近藤充廣校長)の6年生に「ごぼうの滝野川」
というテーマで話してきた。
当日は、江戸東京野菜コンシェルジュ協会の松嶋あおい理事が、
授業参観をしたいと云うので学校で待ち合わせた。

同校では、毎年滝野川紅葉中学から種をもらって6年生が
栽培していると云うので、5月9日、瀧野川八幡神社で栽培している
滝野川ゴボウの間引き作業を行った帰りに、伺った。

てっきり、発芽したゴボウの生育状況を見ることができると思って
いたが、広野副校長が見せてくれたのが、三年物の滝野川ゴボウで
それは抽苔をしているから、見るからに大きなゴボウだった。





1-1.JPG

広野副校長には、出前授業をお願いしていたが、5月下旬に
柿沼杏奈教諭から日程調整の電話があって1日に伺ってきた。

映像がきれいに見えるように、スクリーンではなく、モニターを
使うようにお願いしていたので、教室に柿沼教諭の1組と
久保教諭の2組が集まっていた。

上の画像をタツプする
調べ学習のポイントをお話しするので、
メモ用紙を配ってもらっていた。

授業では、東京の農業、北豊島郡特産の、
練馬大根、滝野川のゴボウとニンジンについて・・・・、

「なぜ、滝野川なの?」など、生徒達は、盛んにメモを取っていた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 滝野川のゴボウ、ニンジン

2022年06月03日

第82回「江戸落語を食べる会」 三遊亭兼好師匠の「千両みかん」を聞いてきた。


歌舞伎座サービス(株)が実施する、第82回「江戸落語を食べる会」
三遊亭兼好師匠の「千両みかん」を聞いてきた。

この企画、歌舞伎座サービス(株)の西村正史社長から、江戸東京野菜を
お弁当に使いたいと果菜里屋の高橋広道社長に依頼があり、
始まったもので、奥様の芳江さんから毎回話を聞いていた。

当ブログでは、前回の林家正蔵師匠の独演会「江戸落語を食べる会」を
紹介したが、江戸東京野菜の普及をしている「森川喜市商店浦和」の
森川洋一さんから参加したいとメールが来たのを始め、
「江戸東京・伝統野菜研究会」の、渡邉和嘉さんと大浦美鈴さんも
参加された。

伝統野菜プロジェクトからは今回からも
草間壽子代表、領家彰子さん、脇ひでみさんが参加された。




1-1.JPG

歌舞伎座には和服が似合う。
会場は、歌舞伎座3階の花篭ホールで開催している。

上の画像をタップする
歌舞伎座の歴史的変遷が掛かっていた。
江戸時代の芝居町木挽町に開場した、第一期(明治22年〜44年)、
九世團十郎、五世菊五郎、初世左團次らが活躍。

第二期(明治44年〜大正10年)松竹が経営を任された。

第三期(大正13年〜昭和20年)火災で焼失した後に、
鉄筋コンクリート造りの近代的劇場が建設された。
十五世羽左衛門、六世菊五郎、初世吉右衛門が活躍。

第四期(昭和25年〜平成22年)戦争で焼け残った歌舞伎座が再建される。
平成2年から1年を通じで歌舞伎興行が行われるようになる。

第五期(平成25年〜)、オフィスビル歌舞伎座タワーが
隈研吾の設計で竣工した。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2022年06月02日

小金井の「わくわく都民農園 小金井」を拠点に活動する「とをが」の渡邉さんを紹介する。


先日、武蔵小金井駅の近くにある「わくわく都民農園 小金井」を
紹介したが、そこでお会いした渡邉裕樹さんが「小金井まくわ」の苗を
見つけてきたと、見せてくれたが、その話を聞いていたら、
素晴らしい活動をしているので、当ブログで紹介することにした。

渡邉さんは、「とをが」にプロフィールを掲載していて、
地元小金井にある
「東京学芸大学大学院美術科教育専攻相田研究室修了。
在学中に東京学芸大学附属世田谷小学校講師。修了後、
東京都公立小学校主任教諭(図工専科)を10年間務め「とをが」の
アトリエのせんせいに。こどもたちからは「わっちゃん」と
呼ばれています。」とある。

東京都公立小学校とは、我が家の周り近所の子どもたちが通っている
昭島市立つつじが丘小学校だと伺った。






1-1-3.JPG


上の画像をタップする
畑のアトリエでは、農家さん(東町の農家萩原さん)を中心に、
こどもたちが野菜のことを教わっています。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 小金井市での取り組み

2022年06月01日

令和4年度の小平市上宿公民館事業企画委員会が企画した地域支援講座が先日開催された。


令和4年度の小平市上宿公民館事業企画委員会が企画した
地域支援講座が先日開催された。

小平市は、東西に 9.21km、南北には 4.17kmという、東西に
細長い市で、会場は田無市に近いのか、東大和市に近いのか

地図を見て場所を確認したら、
西の端、宮寺農園の近くで、車では何度もその前を通っていた。

朝から小雨が降っていたが、準備もあるので30分前には
会場に着いたが、雨足と風が強くなってきていた。





1-1.JPG

今回の定員は12名で、新型コロナ対策の元で開催される
わけだから、持ち物として筆記具以外に、
マスクと水筒が付け加えられていた。

時間通りの開会となったが、雨の中を皆さんこられた。
自己紹介では、絵本塾出版が企画した“やさい応援団まるごと野菜”
シリーズの監修をしていることや、食育の授業などで江戸東京野菜の
復活普及を行っていることを紹介した。

上の画像をタップする
第二回目の講師の宮寺光政さん、三回目の料理講師の
田代由紀子先生も、来られた。
また、 “やさい応援団まるごと野菜”シリーズの著者八田尚子先生も
小平にお住まいなので参観された。

講座ではレジュメに沿って「持続可能な開発目標」についても、
ポイントに説明を加えた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育・食農・講演会等