2022年06月03日

第82回「江戸落語を食べる会」 三遊亭兼好師匠の「千両みかん」を聞いてきた。


歌舞伎座サービス(株)が実施する、第82回「江戸落語を食べる会」
三遊亭兼好師匠の「千両みかん」を聞いてきた。

この企画、歌舞伎座サービス(株)の西村正史社長から、江戸東京野菜を
お弁当に使いたいと果菜里屋の高橋広道社長に依頼があり、
始まったもので、奥様の芳江さんから毎回話を聞いていた。

当ブログでは、前回の林家正蔵師匠の独演会「江戸落語を食べる会」を
紹介したが、江戸東京野菜の普及をしている「森川喜市商店浦和」の
森川洋一さんから参加したいとメールが来たのを始め、
「江戸東京・伝統野菜研究会」の、渡邉和嘉さんと大浦美鈴さんも
参加された。

伝統野菜プロジェクトからは今回からも
草間壽子代表、領家彰子さん、脇ひでみさんが参加された。




1-1.JPG

歌舞伎座には和服が似合う。
会場は、歌舞伎座3階の花篭ホールで開催している。

上の画像をタップする
歌舞伎座の歴史的変遷が掛かっていた。
江戸時代の芝居町木挽町に開場した、第一期(明治22年〜44年)、
九世團十郎、五世菊五郎、初世左團次らが活躍。

第二期(明治44年〜大正10年)松竹が経営を任された。

第三期(大正13年〜昭和20年)火災で焼失した後に、
鉄筋コンクリート造りの近代的劇場が建設された。
十五世羽左衛門、六世菊五郎、初世吉右衛門が活躍。

第四期(昭和25年〜平成22年)戦争で焼け残った歌舞伎座が再建される。
平成2年から1年を通じで歌舞伎興行が行われるようになる。

第五期(平成25年〜)、オフィスビル歌舞伎座タワーが
隈研吾の設計で竣工した。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介