2022年06月04日

北区立滝野川もみじ小学校の6年生に出前授業「ごぼうの滝野川」を話してきた。


滝野川もみじ小学校(近藤充廣校長)の6年生に「ごぼうの滝野川」
というテーマで話してきた。
当日は、江戸東京野菜コンシェルジュ協会の松嶋あおい理事が、
授業参観をしたいと云うので学校で待ち合わせた。

同校では、毎年滝野川紅葉中学から種をもらって6年生が
栽培していると云うので、5月9日、瀧野川八幡神社で栽培している
滝野川ゴボウの間引き作業を行った帰りに、伺った。

てっきり、発芽したゴボウの生育状況を見ることができると思って
いたが、広野副校長が見せてくれたのが、三年物の滝野川ゴボウで
それは抽苔をしているから、見るからに大きなゴボウだった。





1-1.JPG

広野副校長には、出前授業をお願いしていたが、5月下旬に
柿沼杏奈教諭から日程調整の電話があって1日に伺ってきた。

映像がきれいに見えるように、スクリーンではなく、モニターを
使うようにお願いしていたので、教室に柿沼教諭の1組と
久保教諭の2組が集まっていた。

上の画像をタツプする
調べ学習のポイントをお話しするので、
メモ用紙を配ってもらっていた。

授業では、東京の農業、北豊島郡特産の、
練馬大根、滝野川のゴボウとニンジンについて・・・・、

「なぜ、滝野川なの?」など、生徒達は、盛んにメモを取っていた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 滝野川のゴボウ、ニンジン