2022年06月06日

関東北部を襲った降雹で、深谷アグリカレッジの4期生が定植した苗が全滅の被害を受けた。


特定非営利活動法人 アグリサポート深谷の代表鈴木紀安さんは、
2018年度に深谷アグリカレッジを発足させていて、
Facebookで、活動を報告している。

5月28日の実習では、4期生が楽しげに定植作業を行っていたが、

3日、関東北部を襲った雷雨に伴う降雹で、アグリカレッジ4期生が、
収穫を夢見て定植した苗が全滅の被害を受けた。


facebookより

1-1.JPG

上の画像をタップする
この惨状、4期生の皆さんは、さぞやがっかりされたことだろう。
お見舞い申し上げます。

埼玉。群馬の様子はANNニュースが報道している。

鈴木さんの話では、カインズホームで苗を購入することが出来たと、
不幸中の幸いか、定植のし直しをするという。

2014年、江戸東京野菜でも、三鷹のナス農家・星野直治さん
ナスがやられたことがあった。

青梅には、「雹害紀念塔」が建っている。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話