2022年06月11日

東京女子学院高等学校のフードカルチャー(FC)コースに、江戸東京野菜の授業を行った。


東京女子学院高等学校(野口潔人校長)のフードカルチャーコース
(保積栄理教諭)の江戸東京野菜の栽培は、始まっているが、
この日は初めて、江戸東京野菜についてお話しする時間を頂いた。

同校の、FCコースには昨年4月から伺っているが、そもそもは、
読売新聞社東京本社教育ネットワークの田中孝宏アドバイザー
から保積先生が、野菜栽培の指導者を探している
ということで紹介されたもの。





1-1.JPG

今年度も、4月から江戸東京野菜の栽培授業は始まっていて、
これまでは渡邉和嘉さんの栽培指導が中心で行ってきた。

上の画像をタツプする
今までは「江戸東京野菜の復活普及をしている大竹です。!」
程度の自己紹介だったが、今回の授業では、パワーポイントに、
これまでの取り組みを挿入して自己紹介とした。

同校は、練馬区関町北にあることから、練馬区の小学校を
卒業した生徒がいるか聞いてみたが、10人程の手が挙がった。

練馬区では、今、小中学校の給食に練馬大根を使っているが、
給食に使うために2007年12月から始めた
練馬大根引っこ抜き競技大会を紹介した。

FCコースでは、SDGsの勉強が、読売新聞に紹介されたことから、

地産地消や食糧自給の視点から、
江戸東京野菜は環境に負荷の少ない野菜として紹介した。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組