2022年07月09日

昭島市立中神小学校での拝島ネギの栽培は、定植後も順調に生育している。


拝島ネギの栽培を行っている昭島市立中神小学校(松井茂校長)では、
杉本幸司副校長が2月に地元の拝島ネギの栽培農家鈴木寿昭さんに
依頼して播種を行っている。

その後、発芽したが、定植するにあたって揃いが悪いことから
鈴木さんの指導で生育の様子を見ることになった。

6月23日に定植が行われた。
23日はうかがえなかったが、その後順調な生育をしていると伺っていたことから、先日、杉本副校長に都合を伺ってお邪魔した。




1-1-1.JPG

揃いが悪い時から見ると太く大きくなった苗が植わっていたが、
拝島ネギを栽培することから、各学年と調整したのか、
4年生のスペースは長くとられていた。

上の画像をタップする。
生徒たちは定植を終えたが、苗はたくさん残っていた。



続きを読む