2022年07月16日

滝野川紅葉中学と滝野川もみじ小学校の、滝野川ゴボウの様子を見せてもらった。


先日、瀧野川八幡神社で滝野川ニンジンの2度目の播種を行った
ことは紹介した。

折角、ここまで来たのだからと、滝野川ゴボウの栽培では伝統ある
滝野川紅葉中学の播種後の様子を見たくて、
同校の斉藤副校長に電話でお願いした。

昼頃に伺うとお伝えしていたが、播種が早く終わったので再度
電話をすると、井口尚明校長が対応して頂けることになって、
平岩栄養士も案内してくれた。

同校で滝野川ゴボウの栽培が始まったのは1996年頃からで、現在も
継続されていて、同校のファミリー校である、谷端小、滝野川第二小、
滝野川第三小、滝野川もみじ小に滝野川ゴボウの種を提供して、
滝野川地区での滝野川ゴボウの定着に取り組んできた。





6-1-1.JPG

同校では、3年生が校舎西側の菜園で、1-2年生が校舎東側の菜園で
栽培している。

1-2年生が播種した校舎東側の菜園
5月25日に播種を行っているが、播種後の天候不順もあって発芽は
まばらで、井口校長は今年はだめかと心配したと話されていた。
葉は小さいが、本葉を何枚も付けているものも見られた。

上の画像をタップする
この所、雷雨や朝方に降る雨と、夜間の過ごしやすさなどで、
成長は促進するだろう。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 滝野川のゴボウ、ニンジン