2022年09月06日

三鷹市大沢のワサビ田(南ゾーン)でのボランティア作業に参加した。


三鷹市の大沢で栽培されていたワサビが、今では全国でも絶滅した
と云われている江戸時代のわさびであったことが分かったので。
大沢ワサビの復活栽培に向けて取り組んでいる三鷹市生涯学習課では、

ボランティアを募集して、発見されたワサビの培養苗を作って、
1000株をワサビ田で栽培するために圃場の整備を実施している。

この事業には、多くの市民などに参加してもらいたいと、
先月開催した、”わさびサミット2022” でも募集された。
そこで、メンバーになって先月からお手伝いをしている。

毎月、第一土曜日に実施すると云うので、3日(土)10時から、
三鷹市大沢のワサビ田(南ゾーン)で作業が行われた。






1-1-1.JPG

上の画像をタツプする。
実施に先立って、古民家の入り口前で、三鷹市生涯学習課の
下原裕司主査学芸員から、当日の作業内容等について説明があった。

今回は南ゾーンでの作業で、ワサビ田に張り出した樹木の枝切と、
来年1月には培養苗1,000株の定植を行うことから
定植場所の整備作業とのことで、15名での作業となった。

三鷹大沢ワサビについては、各方面から注目されている。
この日も、メディアから下原さんに取材があったようだ。

培養苗をつくり、栽培する中で、販売までには時間も経費も掛かる
事から、採算ベースで、市の負担も大きくなることが予想され、

また、三鷹市が実施していたのでは、都や国からの助成金も得られ
ないことから、市民によるNPO等の三鷹大沢ワサビ育成組織などの
結成も検討されているようだ。


続きを読む