2022年11月15日

今年も、香取神社の福分けまつりに向けて、第二亀戸小学校の4年生の授業に招かれて伺った。


江東区立第二亀戸小学校(小野春彦校長)の4年生の
授業に招かれて伺った。
二亀小には、開校100周年祭の頃から伺っている。

今回は、昨年伺った折に、同じ4年生の担任だった浦山聰先生で、
昨年同様に、亀戸香取神社で行われる “福分けまつり” に奉納する
亀戸大根の話と、地元の「亀戸」の話を依頼されていた。

11日(金)の午後からと云うので、昼前に亀戸に着いたので、亀戸の
駅ビル「アトレ」に電話して、今年も播種したと云う「亀戸大根」
の栽培の様子を見てきたが、このことは当ブログで紹介した。




1-1.JPG

授業は、午後一番の12時45分に体育館に100数名の生徒が集まった。
体育館だとスクリーンに映る画像が周りの明るさで、映りが悪くなる
ので、クラスごとにモニターで見せているが、
今回は3クラスもあるから、体育館となった。

亀戸の西暦650年頃の話、亀戸は亀の甲羅のような形をした
亀島という島だった。から始めた。

島は、上流から流れてくる土砂が永年堆積して、
亀島と陸地がつながった。
亀島には、美味しい水が湧く井戸があった。

亀島の井戸から亀井戸と呼ばれた。

上の画像をタップする
また、亀戸大根のことも、
亀戸大根を地元では、おかめ大根とか、お多福大根と
呼ばれていました。
亀戸の人は、愛称で呼んでいたわけだが、なぜお多福か、
おかめかを映像で見せたが、
それは、大根の葉先がおかめのシルエットに似ているからで、
その葉をオカメッパとも呼んでいた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組