2022年11月18日

東京女子学院のフードカルチャーコースで、ミクニレッスンが開催された。


三國清三シェフの食育授業は、三國レツスンとして実施されている。
2011年に始まったた都市大学付属小学校でのミクニレツスンには
第1回からお手伝いをしているが、2022年で終了すると聞いていた。

昨年から東京女子学院高等学校のフードカルチャーコースで
江戸東京野菜を取り入れての授業を行っているので、ミクニレツスンを
実施して頂けないかとお願いしていた。

今年6月17日に、保積栄理教諭とオテル・ドウ・ミクニに伺って
希望する授業の内容をお話してきた。

6月20日には、調理実習を参観頂いている。






1-1.JPG

TJGのFCコースを対象にした、特別授業としてミクニレツスンが
11月14日に実施された。
授業に先立ち、私から三國シェフのプロフィールについて紹介し、
10数年ミクニレツスンをお手伝いをしてきたので、FCコースの皆さんに
教えてほしいと思ったことから、実現したことを伝えた。

上の画像をタップする
調理実習の前に、味覚の授業「味覚は心と気持ちを豊かにする」。
甘味、酸味、塩味、苦味、旨味、五味。

特に旨味について、発見の歴史や
1908年に、昆布からグルタミン酸を池田菊苗博士が発見
1913年に、鰹節からイノシン酸を小玉新太郎が発見
1960年に、椎茸からグアニル酸を田中明博士が発見

旨味食材の組み合わせで、旨味が増すことなど
奥の深い講義があった。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜