2022年11月28日

東京女子学院FCコースの調理実習は内藤カボチャのプリン。


東京女子学院のフードカルチャー(FC)コースのお手伝いを初めて
2年目、今年も江戸東京野菜の栽培を行なってきた。

調理でも、東京産野菜として檜原特産のルバーブを取り寄せて
調理したのを始め、料理人から学ぶ授業として、フレンチの
三國清三シェフに来ていただいてのミクニレツスンの導入

今回は、菜園で収穫した「内藤カボチャ」の調理授業が行われた。






1-1.JPG

同校の玄関は、クリスマスの人形や花でディスプレーされていて、

上の画像をタップする
玄関からの廊下には、ポインセチアの鉢植えが並べられていた。
調理室の入り口には、前回の三國シェフのサインが飾ってあった。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組