2022年12月03日

昭島市立光華小学校の5年生が栽培する江戸東京野菜のカブの調理に向けレシピを考えた。


昭島市立光華小学校(眞砂野裕校長)では、5年生が
江戸東京野菜の金町コカブと品川カブの栽培を行なっている。

昭島市の松屋有紀子栄養教諭は、栽培から調理まで授業の計画を
立てていいたが、松屋教諭が休暇に入ったことから、先週、松屋教諭に
代わって、昭島市立福島中学と昭和中学の、西本幸子栄養士が、
5年生の総合の時間に栄養士の立場から、カブの栄養価や、
カブの切り方などを指導された。





1-1-.JPG

上の画像をタップする
カブの栄養価について、
根(胚軸)には、ビタミンC、カリウム、植物繊維、消化酵素を含み、
葉には、β―カロチン、カリウム、ビタミンC、カルシュウム、
植物繊維、色の薄い野菜は消化を良くし、
色の濃い野菜はベータカロチン

一日の野菜摂取、成人で350g以上、5年生だと290g以上必要。

カブの切り方には、
くし形切り、うす切り、いちょう切り、拍子切りがあることを説明。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 品川カブ、滝野川カブ