2022年12月08日

冬の江戸東京野菜収穫体験&山分け@ファーム渡戸

weewewewチャ.JPG
12月11日(日)、人気の収穫体験を募集中
上の画像をタップしてお申し込みください。



posted by 大竹道茂 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

キヤノングローバル戦略研究所の杉山先生と堅田先生に便乗して日本農林社の阿見研究開発センターを視察した。


キヤノングローバル戦略研究所(CIGS)の杉山大志先生と
堅田元喜先生は、地球の温暖化が、伝統野菜に与える影響を各方面から調べていて、先月は、吉祥寺の成蹊学園の中に設置されている
成蹊気象観測所を訪ねたことは報告した。

それより前の、8月末に、江戸東京野菜の練馬大長尻大根や
滝野川ゴボウのタネを生産している日本農林社の近藤宏会長に
お会いして話を聞いているが、

堅田先生が教えている茨城大学阿見キャンパスの近くに、
同社の阿見研究開発センターがあることから、
見せて頂きたいとお願いした事から実現したもの。





1-1.JPG


(株)日本農林社は研究機関と共同研究をしていると、
大槻伸一取締役本部長の説明。

当日は、杉山先生と堅田先生とは常磐線の荒川沖駅で待ち合わせた
堅田先生が教えている茨城大学農学部地域総合農学科3年の
中山龍生さんも参加した。

上の画像をタップする
阿見研究開発センターでは、滝野川でお会いして見学を薦めてくれた
大槻取締役本部長が待っていてくれた。

会議室では、商品開発本部の山上裕史取締役部長と生産管理部で
キャベツの棚原佳祐ブリーダーとハクサイの齋藤愛佳ブリーダーが
席に着かれた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報