2023年01月02日

2000uのハウスに7000株のセルリーは順調な生育を見せていた。


暮れに、清瀬でセルリーを栽培している並木猛さんの畑に伺った。
並木さんは、東京の代表的セルリー農家だった伊藤仁太郎さんの愛弟子で、セロリとは言わずに、昔ながらのセルリーで、
律義に栽培技術を継承している。

そんな並木さんの人柄に惚れて、毎年3月末の収穫期には
お邪魔している。

昨年は、並木さんからよく電話をもらった。
並木さんのセルリーは、こだわりのシェフが使っていて、
収穫期にはこのハウスまで訪ねてくるが、自ら有名シェフの
店に出向いて食事をしていて、昨年10月には、思い出作りに
オテル・ドゥ・ミクニに
行かれたことは、紹介した。

先月は、オテル・ドゥ・ミクニのディナーを食べに行くなど、
研究に余念がない。





1-1.JPG

ハウスに着いたら、潅水の最中で、たっぷりの潅水に、
しばらく外で待ってから、ハウス内に案内してくれた。
セルリーの様子は伺っていた。

上の画像をタップする。
7000株のセルリーは順調な生育を見せていて1月下旬からは
下葉欠きを行うと云う。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の農業と農業者達