2023年01月04日

井上安治の「道灌山下」をよく見ると、小川で大根を洗っていた。


東京の原風景と、野菜栽培の様子を調べていたときに、版画家井上安治の「道灌山下」の小さな絵を知ることになる。

上野から西日暮里へは谷中の山が壁のように連なっているが、
西日暮里駅の上に道灌山があり、その崖下は明治15年に上野から
熊谷間に鉄道が敷設されたことから、水田や畑は
鉄のレールの下に埋没してしまった。




1-1.JPG

谷中ショウガは、谷中ではなく崖下の畑で栽培されていたし、
峡田当たりでは三河島菜も栽培されていた。
崖下は、台東区の谷中ではなく日暮里で荒川区だ。

上の画像をタップする
道灌山からの水田地帯の景観は廣重の版画に残っているが
道灌山下の様子はこの版画に限る。

鉄道が敷設される前は、谷中の山から湧き出る湧水は小川となった。
ハガキ大の絵だから良く分からなかったが、よく見ると、
谷中の山から湧き出る小川で、大根を洗っている。

この大根、隅田川流域の汐入地区で栽培していた、汐入大根のようだ。

洗い終わった大根は馬に乗せて千住の市場に行くようだ。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境