2023年01月08日

今年は、江戸東京野菜のふるさとめぐりとして”隅田川七福神めぐり”に皆さんをお誘いした。


昨年江戸東京・伝統野菜研究会の渡邉和嘉さんと亀島由美子さん
の3人で、江戸で最も古い七福神詣と云われている、谷中七福神めぐりに行ったことを3日だったか思い出した。

今年は、江戸東京野菜のふるさとめぐりとして”隅田川七福神めぐり”を
思い立って、渡邉副代表に相談、浅草葱善の田中庸浩社長も道案内
してくれるというのでブログでお誘いしたもの。

6日は、平日だったこともあり、お勤めの方は無理だったが、
都合のついた、コンシェルジュ5名にソバリエ協会理事の松本一夫さん
松嶋さんのお友達山口克実さんの9名が参加された。





1-1.JPG

最後は浅草で昼食をとる予定で、スタートは一番北の、
多聞寺(隅田村)で毘沙門天に参拝するため
6日9時に、上野駅中央改札前に集合して、銀座線で
浅草経由で鐘ヶ淵に向かった。

この辺りは、隅田川と荒川の堤防に挟まれた0m地帯。

鐘ヶ淵からは、江戸東京野菜の「寺島ナス」を栽培する
「たもんじ交流農園」に何度も来ている。

上の画像をタップすると、毘沙門天に参拝。
岸田正博住職も中にいらしたので新年のご挨拶を申し上げた。
山門脇に、この地に縁のある榎本武揚の毘沙門天の碑。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介