2024年02月12日

東京の老舗割烹や料亭などで構成する芽生会が更科堀井で開催された。


10日麻布十番の更科堀井で芽生会の集まりがあると云うのは、
1月のメニューの打ち合わせの時に、堀井良教社長から伺った。
芽生会は、東京の老舗割烹や料亭等の料理人の集まりと聞いている。
その後、冬の会と同じ、メニューにしたので、食材の説明を
してもらいたいと依頼された。

神楽坂の天婦羅「天孝」の新井さんから電話をもらった、新井さんの
店には伺っている
し、今回は、開催担当をされているようだった。

新井さんは、当日急用が出来て参加はされなかったが、
開会前にわざわざ挨拶に来ていただいた。




1-1-.png

会は18時から、六本木「宗胡」野村大輔オーナーシェフの
進行で始まった。
芽生会の会長紀尾井町「福田家」の四代目・福田貴之社長の挨拶。

上の画像をタップする
司会の「宗胡」野村社長(写真左)、更科堀井の堀井社長(写真中)



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | そぱ・うどん・ソバリエ