2014年07月08日

第1回 内藤とうがらし生産者会議が、新宿御苑のレストラン「ゆりのき」で開催された。


7月4日(金)13時30分から、新宿御苑 レストランゆりのきにおいて、第1回 内藤とうがらし生産者会議を開催するからと、新宿で内藤とうがらしによる地域興しを推進している、NPO法人おいしい水大使館の成田重行先生から連絡をいただき、出席依頼された。
また、内藤とうがらしの生産者代表として、尽力している宮寺光政さんからも連絡を戴いた。

成田先生の話によると、
「かえってきた とうがらし 400年前i新宿」
       新宿内藤とうがらしフェアー(案)


400年前、江戸中で評判だった新宿内藤とうがらしが復活。
今、新宿の各地域でその普及活動が活発に繰り広げられています。
トウ(10)ガラシ(4)にちなみ、10月4日の前後一週間(9月30日〜10月5日)、「とうがらし」をテーマにした新宿の新しい観光、歴史、文化、物産を紹介するフェアーを開催すると云う。

主催は、新宿内藤とうがらしプロジェクト実行委員会
共催として、−般社団法人 新宿観光振興協会、一般財団法人 国民公園協会新宿御苑/環境省新宿御苑管理事務所、NPO法人おいしい水大使館
後援には、新宿区、東京都を予定しているという。



1-1.jpg

そこで、生産者から内藤とうがらしの栽培状況を報告してもらった後、今後の対策などについて協議された。

上の写真をクリックする
生産者は
小平市の宮寺光政さん、練馬区の渡戸秀行さん、野坂亮太さん、渡辺三喜男JA東京あおば課長、西東京市の矢ケ崎宏行さん、三鷹市の富澤剛さん、八王子市の立川太三郎氏の代理福島秀史さん、東久留米市の村野喜安さん、横山和子さん、横山治子さん、宮寺さんに師事している由井和也さんの皆さんが出席された。


2-1.jpg


会議の終盤で、手がすいたようで「レストランゆりのき」の伊藤秀雄総料理長も来られて挨拶をされた。

伊藤料理長は、江戸東京野菜を初め東京の食材を使った料理を作られたことは当ブログで紹介している。

上の写真をクリツクする
西東京市の矢ヶ崎宏行さんの生産物も料理してもらったことから、金マクワと三河島エダマメを試食用に持ってこられた。

そして伊藤料理長には、フェンネルのヒノッキョ、ビーツは、年輪ビーツと、ゴールデン、デトロイト、ホワイトのビーツを持ってきていた。

こうやって、料理人と生産者の信頼関係が醸成されるのだ。



この記事へのコメント
それぞれの江戸東京野菜が主役になって動き出しましたね。村上の在来種も早く見つかるといいのですが。赤かぶや茄子がありそうな。
Posted by 松井 at 2014年07月08日 10:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/101353860

この記事へのトラックバック