2014年07月15日

八王子の伝統野菜「川口エンドウ」を栽培したいという地元農家の濱中さんにタネを贈呈。


八王子にお住まいで、南多摩、西多摩地区の江戸東京野菜普及活動を精力的にすすめている、福島秀史さん(江戸東京野菜コンシェルジュ) が、川口エンドウの普及に取り組んでいることは、当ブログで紹介した。

生産者の、草木弘和さんも福島さんをすっかり信頼して、一体となった活動に発展している。

このほど地元犬目の濱中俊夫さんを、草木さんが訪ね、伝統の川口エンドウのタネを手渡して、来年の栽培普及を依頼した。


003.JPG
写真左が、濱中俊夫さん

上の写真をクリックする
そもそも、川口エンドウを知ったのは、俊夫さんのお母さん・濱中洋子さんが写真を送ってくれたことで、草木さんを紹介していただいたことに始まる。

その後、「NPO法人環境活動センター八王子」から招かれた時には、草木さんと洋子さんに来ていただき、ステージに上がってもらって2人を紹介もした。

洋子さんは、「農の生け花」の東京のリーダーとして活躍されており、当日もお出掛けのようだが、今年も犬目の直売所に川口エンドウを買に行ったという。

俊夫さんは、パッションフルーツを栽培し、道の駅「八王子滝山」で販売していることから、来年は道の駅でも、「川口エンドウ」を買えるようになるかも・・・。


posted by 大竹道茂 at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 八王子の伝統野菜各種
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック