2014年08月06日

新宿区立柏木小学校、待望の「鳴子ウリ」が果実をつけていた。


新宿区立柏木小学校の「鳴子ウリ」の栽培は、梶谷正義先生に指導をお願いしているが、
7月中旬に、梶谷先生が久々に見に来ると、草が生い茂り、栽培放棄の状況で、どうなることかと心配されていた。

これでは、鳴子ウリの果実を見ないで終わってしまうのではとの思いから、梶谷先生の了解を取って、鳴子ウリを栽培している西東京の矢ヶ崎宏行さんから提供してもらった、「完熟の鳴子ウリ」を佐藤郁子校長にお渡し、先生方に「鳴子ウリ」と云うものを認識してもらったりした。




1-1.jpg


その後、梶谷先生の指導があったようで、先日伺うと果実が、実っていた。

上の写真をクリックする
うらなりだが、膨らみ始めた果実も幾つも目に付いた。



2-11.jpg


上の写真をクリックする
草をむしり、追肥を行うなどで、鳴子うりの葉は、生気がみなぎり見違えるようになっていて、雌花も沢山目に付いた。



3-1.jpg


上の写真をクリックする
鳴子ウリは完熟すると、ヘタが外れる。
台風も次々発生しているし、網の袋で落ちないようにと、梶谷先生がJAで買ってこられた網の袋で手当てをされた。



posted by 大竹道茂 at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸のマクワウリ各種
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック