2014年08月12日

神宮に参拝した翌日、まめやの「伊勢うどん」を食べてきた。


これまで、武蔵野うどんを紹介してきたが、今度、伊勢に行くと友人に話したら、「伊勢うどん」を食べてくるといいと云われた。

このうどんは、江戸以前から伊勢の農家で食べられていて、茹で上げた麺に、味噌から出てくる溜まり汁をかけて食べていたと云う。

その後、市民はもとより神宮の参詣者が、好んで食べるようになる。

地元では、「うどん」で通っていたようだが、その食感があまりにも個性的なことから、話題になり始めた昭和40年代から、「伊勢のうどん」が「伊勢うどん」と呼ばれるようになったと云う。


1-1.jpg


上の写真をクリックする。
神宮に参拝した翌日、宿泊しているホテルで、伊勢うどんを食べる店はないかと聞くと「まめや」の電話番号を教えてくれた。

帰りの、近鉄特急の時間が11時だったので、それ前に開いている店を探してもらったもの。

外宮の近くだろうと「まめや」を探したがわからず電話をしてみると、なんと、外宮近くの商業地から外れ、JRと近鉄の線路を渡った近鉄ホーム寄りの北側だった。


2-1.jpg

7時にホテルで朝食も食べていたので、軽くうどんとサラダを頼んだ。

出てきた伊勢うどんは、ずんぐり太い麺、濃褐色の汁がかかっていた。

葉ネギが薬味として付いていたが、店の女性が一味唐辛子と、揚げ玉を出してくれた。

まずは、そのまま戴いた。
うどんと云うと、最近は「こし」を尊ぶ傾向にあるが、地元の人は伊勢うどんにも、「こし」はあるというが・・・。
「武蔵野うどん」を食べなれているせいか、はっきりとは感じられなかった。

汁は、各店ごとに特徴があるようだが、「まめや」の汁は、地味噌から出来たたまり醤油をベースに、紀州の宗田節・ムロ鯵で出汁を取った秘伝の汁。
関東の味とは異なるところが、新鮮に戴けた。

二口めから、一味唐辛子と、揚げ玉を入れて戴いた。



posted by 大竹道茂 at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | そぱ・うどん・ソバリエ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック