2014年08月22日

内藤トウガラシと、雑司ヶ谷ナス、江戸東京野菜に取り組む野坂さんに会ってきた。


7月の初め、内藤トウガラシで新宿のまち興しを行っているNPO法人おいしい水大使館のリーダー成田重行先生から連絡をいただいて、内藤トウガラシを栽培している生産者が、新宿御苑のレストランゆりのきに集まったことは、当ブログで紹介した。

会場で、初めてお会いしたのが、練馬区上石神井の野坂亮太さんで、渡戸秀行さんから、内藤トウガラシのタネを、地元JAの渡辺課長を通して、やってみないかと勧められて、栽培を始めたことから、初参加したという。




1-1.jpg


先日、読売新聞都民版の「とれたて! 、東京野菜」で、江戸東京野菜の夏野菜が掲載されたが、当ブログでは、谷中ショウガの、小坂良夫さん、府中御用ウリの石川孝治さんを紹介したが、



2-1.jpg

掲載紙のトップを飾った、雑司ヶ谷ナス 
歯ごたえ29歳がまもる 亡き祖父の畑で初収穫

 の、野坂亮太さんの畑にも寄ってみた。


青梅街道から、住宅街に入った一角に畑はあった。

母親の実家で、祖父の畑を手伝い始めたのが5年前。
体調を崩して、リハビリがてらに始めた農業も、立派なものだ。

上の写真をクリツクする
寺島ナスを食べてから、伝統野菜に興味を持ったようだが、雑司ヶ谷ナスも、美味いナスだから、栽培にも力が入る。タネ採りも行っていた。

F1種のネギも栽培していたから、次回は砂村一本ネギか、千住一本ネギの栽培を勧めたが、期待は持てそうだ。

空芯菜に、ルバーブも無農薬で栽培していた。
野坂さんの野菜は、石神井のファーマースセンター(03−3995−3132) に出荷している。




posted by 大竹道茂 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 内藤トウガラシとカボチャ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック