2014年08月29日

年を越した2年目の内藤トウガラシ。


先日、江東区立第五砂村小学校で砂村一本ネギのタネ播きが行われたことが、読売新聞に掲載されたことは報告した。

タネ播き作業が行われた後、銭元真規江栄養教諭の配慮で、4年1組の教室で給食をご馳走になった。



1-1.jpg

和やかに給食をいただいていた時に、若松理沙実先生が、今年も実をつけましたと、内藤トウガラシの鉢植えを見せてくれた。

ナス科のトウガラシは中南米が原産、あたたければ、枯れることなく潅木のようになる。
若松先生は、昨年も4年生の担任で、小平の宮寺光政さんが作った内藤トウガラシの苗を、4年生が育てたもので、今年も1組の生徒が育てていて、1つ実がなっていた。

上の写真をクリックする
そんなところに、5年1組の根岸則子先生が、内藤トウガラシをみせてくれた。
こちらは、たくさん成っていたが、肥料不足か、八房までいかず3本ほどの房だった。





2-1.jpg

いただいた給食は、食べ始めてから写真を撮っていないのに気付いて、撮ったので汚らしくなってしまった。
しかし、とっとも美味しくいただいた。

上の写真をクリツクする
夏野菜のカレーライスには、トマト、かぼちゃ、ナス、ピーマンが入っていた。

栄養士の先生からのお手紙を生徒が読み上げてから戴いた。
「かぼちゃやピーマンには、はだをじょうぶにするはたらきがあったり、トマトには胃を元気にしたり、つかれをとってくれるはたらきをなど、夏のきせつにとっても役にたつ栄養がたっぷりとふくまれています。
ひさぶりのきゅうしょく、モリモリとたべて夏のつかれをふっとばしましょう!!」



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック