2014年09月15日

ヤフーの社員食堂メニューに 江戸東京野菜「滝野川ゴボウと牛肉の炒めもの」


検索大手のヤフー(Yahoo)では、六本木ミッドタウンにある本社内に、今年、社員食堂がオープンした。
オープニングの話題食材として地産地消の「江戸東京野菜」が使用されたことは、当ブログで紹介した。

同社「社員食堂設置プロジェクト」メンバーの大野憲司さんは、江戸東京野菜コンシェルジュとして、ヤフーの社員食堂“BASE6”の栄養指導をされている管理栄養士の二野屏佑季さんに江戸東京野菜の情報を提供している

先月の末、二野屏さんから、滝野川ゴボウを使いたいとの話があったと、東京野菜STYLEの阿部千由紀さんから相談があった。

滝野川ゴボウについては、当ブログで紹介した小平市の岸野昌さんが、良いゴボウを生産しているから、阿部さんに紹介した。




1-1.jpg

先日、江戸東京野菜コンシェルジュ育成講座入門編を開催したが、二野屏さんにお会いした。
大野さんから、日頃、江戸東京野菜の話を聞いていて、興味を持っていただいたようだ。

その時、二野屏さんに、ヤフーの社員食堂“BASE6”に出した、滝野川ゴボウの料理写真を送ってくれるようお願いしていたものだ。



2-1.jpg


今回、一つひとつに物語がある江戸東京野菜、滝野川ゴボウを使ってみて、改めて食材としての魅力に興味を持っていただいたらしく、今回の受講となった模様。

これから秋冬産野菜としての江戸東京野菜も各種出回ることから、二野屏さんには、大野さん共々紹介していきたいと思っている。
posted by 大竹道茂 at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック