2014年09月29日

「フランソワ・ラブレ一大学美食学名誉博士号」授与、ならびに「三国清三還暦」「オテル・ドゥ・ミクニ30周年」のお祝いがあった。


「フランソワ・ラブレ一大学美食学名誉博士号」授与、ならびに「三国清三還暦」「オテル・ドゥ・ミクニ30周年」を祝う会が22日、18時から、港区芝公園にあるザ・プリンスホテルパークタワー東京で、開催された。

午前中は、世田谷区成城にある、東京都市大学付属小学校で「ミクニレッスン」があり、ゲスト講師として今年2回目のお手伝いをしてきた。

自宅に帰って、着替えて出てきたが、開宴30分前に会場に入ると、三国シェフは、祇園や新橋、赤坂の芸妓衆を従えて、お客様にご挨拶をしているところだった。



1-1.JPG


上の写真をクリックする。
挨拶文には、触れていないので紹介するが、
昨年の11月7日に受章した「フランソワ・ラブレー大学美食学名誉博士号」は、フランス国以外のプロ料理人で、フランスの食文化を各国で広めた功績が認められ、同大学(フランス・トゥール市)より授与されたもの。
授与に当たっては、フランスが誇る料理人のアラン・デュカス氏、ジョエル・ロブション氏をはじめ関係各位の推薦、さらにフランス政府外務省の認定を経て授与されたという。



2-1.JPG

会場までの長い通路には、3歳の頃、毎日増毛の海で、裸足で遊んでいた写真から、家族全員で農作業をする写真、中学を卒業して札幌行を、兄弟・親戚が見送ってくれた増毛駅ホームの写真が並び、

最後の写真には「恩師、神様、故村上信夫総料理長。ムッシューとの出会いがなければ、今の自分はなかったと思います。たぶん増毛で漁師か農家をしていたと思います。(謝恩)」とあった。

上の写真をクリックする
チャンチキチ、チャンチキチと祇園の芸妓衆が中央扉から入場し、ステージに上がっての総踊りで開宴と云う、絢爛なものだった。

還暦の真っ赤なコックコートの三国シェフに、
祝う会世話人の、茂木友三郎氏、似鳥昭雄氏、高橋英一氏などが、三國シェフとのエピソードを述べたが、
皆さん、親しい間柄だからこそ知りえる「ぐっと踏み込んだ」もので会場は大受け、
三國シェフは終始、笑って耐えていた。



3-1.JPG

上の写真をクリックする
三國シェフは、日頃から、生産者を大切に考えてくれていて、皆さんにご案内をいただいていた。

写真上左から、江戸東京野菜コンシェルジュ育成協議会、納所二郎理事長、国分寺の小坂良夫氏、練馬の渡戸秀行氏、小平の宮寺光政氏

写真下左から、江戸東京野菜コンシェルジュの近藤義春氏(築地・政義青果)、西東京の新倉大二郎氏
多摩八王子江戸東京野菜研究会の福島秀史代表、西東京の矢ヶ崎宏行氏が出席されていた。

我々のお席は、司会者の席より中央寄りのお席。



4-0.JPG

本日の献立のトップに

「この世に生まれて60年、料理人人生40年でたどり着いた、
ひとつの答えです。一世一代のプレゼンテーションです。
前代未聞の1000名様の着席フルコース。本日の献立は、
パンなし、バターなし、コーヒーなし、お花なし(笑)。

料理も盛りつけなし(笑)。しかもセルフサービス(笑)。
1000人のお客様にいかに最短で熱々の料理をお出しできるか。
それを考え抜いて出した結論が、何もしない、手を加えない、
というシンプルなものだったのです。
どうぞ、心ゆくまで料理のエンターテイメントをお楽しみください。
Bon Appetit!」 

とあった。



9-0.JPG

「ザ・プリンスホテルパークタワー東京」のボールルームは、2010年7月に、市川海老蔵&小林麻央夫妻の披露宴会場で、その時、三國シェフが料理を仕切ったが、会場には麻央夫人も見えていた。

当日は1050名のお客様と聞いているが、ボールルームの端から端までいっぱい。
司会は、「徳光和夫の週刊ジャイアンツ」コンビで、日テレの徳島えりかアナと。



5-1.JPG


6-1.JPG



6-3.jpg


我々の席の近くに、石田純一さんがいらした。石田さんは昔から食育にも理解を示していた。

上の写真をクリックする
写真左上、江戸東京野菜の普及などでお世話になっている、ライフスタイルコーディネーターの羽鳥冬子さんもお席が近くだったようで、ご挨拶に来ていただいた。

写真右上、三菱地所の井上友美さんと綿引浩之部長も来ていただいた。
写真左下、ラ・ロシェルのオナー、ムッシュ坂井宏行シェフに、江戸東京野菜のプレゼン。
写真中、早稲田ミョウガでまち興しに尽力されている早稲田大学早田宰教授もお見えになっていた。

写真右下、東北支援では、ご一緒させていただいている六本木ヒルズクラブの山口拓哉シェフにもお会いした。



7-1.JPG




7-3.JPG

三國シェフの娘さん、珠杏さんと築地場内「岩佐壽し」の女将岩田さまがステージへ。

20歳でスイスの日本大使館の料理長、30歳でオテル・ドゥ・ミクニをオープン。
 珠杏さんは、20代の自分が同じような世代になって考えると、すごいことだと、改めて尊敬すると語ったが、

こんなことを娘に言われたら、ウルウルと来るが、三國シェフは、無理して照れた素振りだった。

上の写真をクリックする
三國シェフを中心に、右の大太鼓が坂井宏行シェフと、左の大太鼓が、三國シェフと同じ北海道出身の脇屋友詞シェフ、

何回か揃って練習をしたようだが、すごい迫力だった。

ピンクレディーの未唯さん、日本を代表するソプラノ歌手鈴木慶江さん、そして"X Japan"のToshiさんも熱唱。


8-1.JPG

華やいだ中にも和やかなパーティーだった。

三國シェフから、別室の二次会にも残っていてと云われたので、みんなでしばらく楽しんでいたが、
最終電車になる前に失礼してきた。


posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック