2014年11月09日

お茶の水女子大学附属小学校の4年生に23区内発祥の江戸東京野菜を伝える


(1財)都市農地活用支援センターから、お茶の水女子大学附属小学校へ派遣の文書が届いた。
派遣文書には、「江戸東京野菜の概要について」「身近にある江戸東京野菜」「野菜と歴史との関連」「本校の活動で収穫する予定である野菜についての解説」そして、生徒からの質問となっていた。




1-1.jpg

実は文書に先立ち2週間前に、同校4年生担任の神谷潤先生が仕事が終ってからの17時半だったか、わざわざ昭島まで訪ねてくれて、お話を伺った。

「現在、子どもたちの活動で、11月中旬に料理をつくって食べようという企画があり、そのための野菜を収穫する活動を組むことになっている。」という。

同校の学区は、23区が対象で、「4年生は現在社会科で東京都の勉強を行っている関係上、江戸東京野菜にこだわって取り組みたいという理想をもっているが、生産農園が見つからないで困っている」という。

何事も電話で事を済ませようとする方々が多い中、わざわざ訪ねてくれた、神谷先生の教育者としての熱い思いが伝わってきたので、練馬大根を栽培している、渡戸秀行さんと、小平の宮寺光政さんの了解を取ってご紹介した。

行動力のある先生で、翌日には渡戸さんのところに行って、1本練馬大根を抜いて持ち帰り、生徒たちに見せたという。



3-1.GIF

話の流れで、同校に伺って、江戸東京野菜の話をすることになったが、神谷先生は野菜の収穫をする前にと云うことで、担任の先生方の了解を取って、翌日には伺う日が、6日10時30分からと決まった。

神谷先生からは、「生徒にはまだ江戸東京野菜について教えていませんから」と、云われていたが、「江戸東京野菜」の名前を知っている生徒は何人かいた。

会場に5クラス132名の生徒が、集まった。

賑やかに会場に入ってきたが、授業開始の時間にはおしゃべりをやめて私の話を集中して聞いてくれた。

授業は、「江戸東京野菜とは」から進めたが、まず同校のある文京区にあった農業についてから入った。

本駒込には江戸3大やっちゃ場のひとつ「土物店(つちものだな)」があった。
ダイコン、ゴボウ、ニンジン、イモ類などを土物と云い、これらが集まった市場で、天栄寺境内に碑がある。

上の写真をクリックする
白山にある東大附属植物園内には青木昆陽が取り組んだ甘藷試作地跡があること、
更には本駒込の富士神社には駒込ナスの説明板が建っているが、この地域では、駒込ナスが栽培されていた。


明治19年当時、文京区には15もの牧場があった。
護国寺から不忍通りを目白に向かう坂の辺りには明治時代の初期には、山形有朋が出資した平田牧場があり、目白台の稲荷神社に説明板が建っている

地元文京区に住んでいる生徒も多く、知っていた生徒の手が上がった。





4-1.GIF

上の写真をクリックすると拡大
同校の学区が23区と伺ったので、生徒が住んでいる23区が発祥の「江戸東京野菜」で現在、復活し栽培している野菜を映像で紹介した。

時間がなかったので、「興味があったら、皆さんで調べてみてください」として、次に進んだ。



2-1.jpg

上の写真をクリックする
写真は、片山守道教諭が撮ってくれたが、普通、集中できない生徒が何人かいて、キョロキョロしている生徒がいるものだが、どの角度から撮っても集中して聞き、ノートにメモを書き込んでいる様子がわかる。

40分ほどお話をしてから質問を受けたが、生徒の住んでいる区の伝統野菜を写真で紹介したので興味を持ったらしく、次々に質問があったが、内容から生徒が江戸東京野菜に興味を持ってくれていることが伝わってきた。

授業が終わった後も寄ってきて質問してくれた。

栄養教諭の足立愛美先生は、先の東京都農業祭に来てくれて、納所二郎理事長から説明を受けたと云っていた。

小野澤先生は、帰国生徒を受け持っているそうだが、東京の伝統野菜について事前に話してくれていたそうで、生徒たちは興味を持っていると話してくれた。

生徒はもちろん、熱心な先生方にもお会いできて、皆さんから元気をいただいた。
ありがとうございました。

追伸


同校へは、池袋から東京メトロで茗荷谷駅で下車したが、茗荷谷へは何年か前にミョウガが生えているか調べに来たことがあった。

posted by 大竹道茂 at 00:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組
この記事へのコメント
やはり若い方々への教育ですよね。きっと此の中から未来の、伝統野菜への色々なアプローチをしてくれる逸材が出てくれる事になった授業になったでしょう。子供の感性って素晴らしいキャッチ力がありますものね。
Posted by 松井 at 2014年11月10日 01:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック