2014年11月10日

東京駅開業100周年記念の「東京食材祭り」が11月7日から11月30日まで開催されている。


東京駅開業100周年記念の「東京食材祭り」が、11月7日から11月30日まで、東京駅構内の、北町ダイニング、キツチンストリート、黒塀横丁、グランルーフ、クランルーフフロクト、グランアージュで開催されている。




0-1東京食材祭り.jpg

上の写真をクリックする
江戸・東京ゆかりの食材を使ったオリジナルメニュー55品が勢揃い。

江戸東京野菜としては、しんとり菜、内藤トウガラシ、滝野川ゴボウ、伝統の里芋土垂、伝統小松菜、品川カブ、内藤カボチャ、亀戸ダイコン等が使われる。



1-1.JPG

10月の初めに、東京野菜STYLEの阿部千由紀さんから、
今度、東京駅開業100周年記念として、東京駅に着いたら、
東京の食材が食べられるイベントを東京駅構内にある飲食店で
企画されていて、
その中で江戸東京野菜を使っていただけるという話を聞いた。

ありがたい話だ。

上の写真をクリックする

その後、阿部さんから、(株)鉄道会館が公式ガイドブックを制作するようなので、取材を受けてと依頼されたが、このほど公式ガイドブックがわが家に届いた。



2-1.JPG

上の写真をクリツクする
東京食材図鑑には、
東京のブランド牛「秋川牛」や「東京軍鶏」も掲載されている。




3-1.JPG

上の写真をクリックする
東京湾の「江戸前の幸」についても
posted by 大竹道茂 at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック