2014年12月20日

第3期「郷土料理伝承学校」は、福井県をテーマに1月16日に開校、その募集が始まった。


2007年度、全国各地の農山漁村で脈々と受け継がれ、かつ「食べてみたい!食べさせたい!ふるさとの味」として、国民的に支持されうる郷土料理を「郷土料理百選」として選定した。

一般財団法人 農村開発企画委員会では、郷土の食文化を普及、伝承していくために、各種のイベントを実施しているが、

2012年度から、「郷土料理百選」の選定委員のひとり、フードジャーナリスト、食文化研究家の向笠千恵子氏を校長に迎え「郷土料理伝承学校」を開校した。

第1期は、全国の代表的な郷土料理を6日間で行ったが、

第2期からは1県の代表的な郷土料理に絞り「日本の郷土食:長崎県」として、さらに参加しやすいように3日間で実施して好評を得た。





wwチャ.JPG

上の画像をクリツクする


今年は、第3期として福井県をテーマに、「日本の郷土食:福井県」で実施するが、その募集が始まった。

この講座、全4回を年明け1月16日から30日までの金曜日、3日間で開催いたします。

振るってご参加ください。



posted by 大竹道茂 at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック