2014年12月25日

荒川区立尾久宮前小学校4年生が農家並みに育てた三河島菜を収穫した。


荒川区立尾久宮前小学校の4年生が栽培している三河島菜(青茎) の収穫をしたと、鈴木理恵栄養教諭からメールをいただいた。

大きな三河島菜に隠れて顔の見えない生徒もいるが、立派に育った三河島菜を収穫して笑顔がはじけ、子供たちの歓声が聞こえるようだ。






1-1.JPG

上の画像をクリツクする
先日、同校に伺ったときには、何時収穫してもいい状況であった。

昨年、4年生は収穫した三河島菜を自宅に持ち帰り、食べるか処分するかは家庭の判断に任された。

生徒たちは、マルチにあいた自分の穴にタネを蒔いた「Myミカワシマ菜」だ。
間引きや、虫取りをしながら育てただけに、家の人たちにどのように報告したのだろうか、興味深い。



2-1.JPG

上の画像をクリツクする
収穫期を迎えていた同校の三河菜(青茎) でカップケーキを作ったという。
三河島菜(青茎) をペーストにして、ホットケーキミックスを使って作ったもので、

大きいケーキは、炊飯器で作ったそうだ。


posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 里帰りした三河島菜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック