2015年01月16日

三河島菜のイベントが24日から荒川区内の飲食店で開催される


昨年の12月13日に、荒川区報に掲載された「あらかわの伝統野菜」「三河島菜の季節がやってきた」を紹介したが、同区観光振興課の多彩な企画には、頭が下がる思いだった。

中でも主要企画が間近に迫ったことから、このほど、谷井千絵観光振興課長からお手紙とチラシが送られてきた。






1sisyoku-omote (4).jpg

上の画像をクリツクする

今年の三河島菜試食会は1月24日(土)からはじまる。
昨年は4店舗だったが、今年は、ビストロナチュール、DONDON館、ひぐらし亭、キャロット、二代目にゃがにゃが亭、ラーメン屋トイ・ボツクス、SAKU-咲く町屋とんぼ、の7店舗が参加して行われる。



3sisyoku-omote (3).jpg


荒川区での奥の細道サミット開催を記念した14日に日暮里サニーホール記念講演会が行われるが、関連イベントとして、芭蕉ランチ「三河島菜フェア」 が1月26日(月)〜30日(金)まで11:00〜14:00 開催される。

26日(月)、三河島菜炒飯・点心3種
27日(火)、三河島菜と豚バラ肉のかさね煮和風あん・けんちん汁・ご飯
28日(水)、三河島菜入りカレーうどん・三河島菜のめりはり寿司、
29日(木)、三河島菜たっぷりすいとん・三食そぼろ丼、
30日(金)、三河島菜のミートローフ・ごはん・サラダ

この三河島菜、伊達藩の足軽が仙台に持ち帰り栽培されていたが、仙台では芭蕉菜と呼ばれていたこともあり「芭蕉ランチ」としてフェアが開催される。

追申


谷井課長からの手紙には、
「昨年12月の日暮里駅前でのマルシェでは、昨年の約2倍の量である350株を販売しました。
噂を聞いて買いに来てくださった方も多く、区民の関心の高さがうかがえました。」とあった。



posted by 大竹道茂 at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 里帰りした三河島菜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック