2015年02月16日

四谷菜園の会が、「第5回 江戸東京野菜勉強会」を開催。


江戸東京野菜 四谷菜園の会が、14日10時から、「第5回 江戸東京野菜勉強会」を、講師に宮寺光政氏を招き、四谷絵本塾で行われ、

絵本塾ホールで講義と屋上菜園を使って実践を行った。


 



1-1.JPG

前回の講座は、10月に実施しているが、その後は、11月に会員の皆さんで会食をご一緒させていただいた時に、菜園に立ち寄っているが、それ以来だ。

上の画像をクリックする
園主の尾下千秋さんは、宮寺さんのアドバイスを受けて、栽培を続けてきたことから、品川カブや、亀戸ダイコンも収穫することができ、参加者はお土産に持ち帰った。



2-1.JPG

 
宮寺さんの講義は

上の画像をクリックする
じゃがいもの植え方
    @メークインの特徴
    A種イモの植え付け
      切り方のボイント、植え方のポイント
    B注意すること、 水やり、 追肥、収穫時期等

トウモロコシの栽培についても話された。






3-1.JPG

実践として、屋上菜園で、半分に切った種イモの植え方が指導された。
上の画像をクリックする。




追申

第6回 江戸東京野菜勉強会のご案内
 

日時:2015年3月28日(土)
    午前10時00から
 場所:絵本塾出版(絵本塾ホール)
  講師;大竹道茂
 
 内容:新宿の伝統野菜と地域の取組。

主催:江戸東京野菜四谷菜園の会
お申込み 03−5269−2891尾下まで




posted by 大竹道茂 at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 農地のある景観と環境
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック