2015年03月14日

都立瑞穂農芸横山修一先生が、「種採りのロマン」について、世田谷次太夫堀公園で、3月28日(日)14時から講演される


世田谷区生涯学習・地域・学校連携課民家園係の今田洋行さん (文化財資料調査員) から、平成26年度民家園座学の案内状を戴いた。

「種取りのロマン」とあった。
講師は都立瑞穂農芸高等学校の横山修一教諭。
横山先生は、都立園芸高校時代に、江戸東京野菜をプロジェクトとして取り入れ、その成果は、全国的に評価されたことは、当ブログで紹介している。

現在は、都立瑞穂農芸高等学校で、江戸東京野菜の新たな取り組みを行っている。



キeweプチャ.JPG


上の画像をクリツクする
種を通して命を繋げていく、そのもっとも重要な「種採り」についてのロマンをお聞かせいただけるようだ。



posted by 大竹道茂 at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック