2015年03月18日

小平でも始まった江戸東京野菜の苗づくり。


各農家では、春の苗づくり向けた作業が行われている。

小平市の宮寺光政さんの畑に寄ってみた。
畑では、江戸東京野菜のノラボウ菜が出荷されているが、これからの気候にもよるが今年は4月いっぱいは採れるだろうと宮寺さん。


1-1.JPG

ハウスでは、ホウレンソウとスイスチャードが出荷期を迎えていた

上の画像をクリックする
ハウスでの江戸東京野菜は伝統小松菜の後関晩生(写真右)が出荷期を迎えていました。

また、昨年江戸東京野菜に登録された「拝島ネギ」。
宮寺さんは自家採種していて、元気に発芽していた。
posted by 大竹道茂 at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸東京野菜と生産者達
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック