2015年03月24日

『クラツシックと江戸東京野菜とイタリアン』が、銀座のアルケントーレで開催された。


第2回 銀座 Veggies AL KENTRE サロンコンサート。
今回は、『クラツシックと江戸東京野菜とイタリアン』が、先日、銀座のアルケントーレで ♪優しく聴いて 美味しく食べて♪、をテーマに開催された。

出演は、NHK交響楽団の、ヴィオラ奏者の小野聡さんと、第1ヴァイオリン奏者の大鹿由希さんによる デュオコンサート。




1-1.JPG

上の画像をクリツクする

第1回は1月に、「愉しく笑って、美味しく食べて」として、落語だったが、今回のお客様は、前回もみえた方もいたが、前回とは全く客層が異なるのがわかる。

この企画をブロデュースしたHiromi Satoieさんが挨拶をされ、
「桜の花が咲くころにクラッシックのメロディーでと、企画しましたが、まだ開花宣言は遅れていて・・・。」と




2-1.JPG

上の画像をクリツクする

演奏中は、写真はご遠慮くださいと云う事なので、開会前の音合わせをしていた30分前に伺って、撮らせていただいた。

大鹿由希さんは
NHK交響楽団第一ヴァイオリン奏者、日本モーツァルト音楽コンクール優勝、 アンサンブル・ジェネシス メンバー。

小野聡さんは、
NHK交響楽団ヴィオラ奏者、シュトス弦楽四重奏、クァルチット・リゾナンツア、新アドニス弦楽四重奏団メンバー

曲目についての謂れなどを、小野さんが説明してくれた。

<デュオ>
W.モーツァルト作曲 「ヴァイオリンとヴィオラのための二重奏曲 変ロ長調 k.424」

J.ハルヴォルセン作曲(ヘンデルの主題による) 「ヴァイオリンとヴィオラのためのパッサカリア ト短調」

<ソロ>
ヴァイオリン:
J.Sバッハ作曲 「無伴奏ソナタ」 より

ヴィオラ:
H.ヴュータン作曲 「ヴィオラのためのカプリッチョ ト短調」

また、ヴィヴァルディ「四季」より「春」のフレーズや「浜辺の歌」のアレンジなどを演奏された。




3-1.jpg

江戸東京野菜をイタリアンでいただく時間。

上の画像をクリックする

今回の江戸東京野菜は小平市の宮寺光政さんが栽培した「ノラボウ菜」で、それ以外でも東京産の野菜でメニューが作られていた。

ノラボウ菜の解説は簡単に紹介させてもらった。
前回は、宮寺さんも生産者として挨拶されたが、今回は体調を崩されたので欠席となった。

大鹿さんと小野さんが、各テーブルに回ってきて、お料理を一緒に食べなが、会話を楽しむ時間となった。

最初に、私達のテーブルにみえたのは大鹿さん。
大鹿さんは、食については、興味を持っていて、この話が来たときは、すぐにお受けした、と云う。

ホールのような広いところも良いが、ホームコンサートのようなものも好きで、簡単なお料理をつくったりするとか。





4-1.JPG

ドリンクは白ワインを頼んだ。

上の画像をクリツクする
アミューズ
こだわりモツツアレラのカブレーゼ

モツツアレラは、八王子の磯沼ミルクファームの牛のミルクを使って渋谷CHEESE STANDが渋谷で作ったもの。

N響の会員に入っていて、毎回聴きに行っている方もいるので、専門的な話には入り込めなかったが・・・・





5-1.JPG

上の画像をクリツクする 
アンティパスト・ミスト
エビムース、のらぽう菜巻き
タコの炙り、クスクスサラダ
ひよこ豆のビュレ、レモン風味






6-1.JPG

上の画像をクリックする
 パスタ
ホタルイカと菜の花の春
パスタ・アーリオオーリオ


小野さんも我々のテーブルに、

納所理事長は小野さんに、「オーケストラではわからないが、ヴァイオリンとのデュオだと、ヴィオラは地味だが、ヴァイオリンを引き立てているのが良くわかりました。」と・・・。

ヴィオラは、形も大きさも決まりはないんだとか・・・・
演奏家の中には、コレクションをしている方もいるそうだが、小野さんは、サブの楽器として持っているとか




7-1.JPG

上の画像をクリックする
主菜
日向鶏のソテー、クリームソース
フレッシュトマトのコンカッセ添え





8-1.JPG

上の画像をクリツクする
デザート
チーズムース、のらぼう菜とアボガトのスムージー
工ルダーフラワーのコーディアル風味

コーヒー又は紅茶


追録



a-1.JPG

上の画像をクリックする
H.Satoieさんから、
東日本大震災で被害の大きかった岩手県の気仙杉、宮城県の栗駒杉、福島県の磐城杉の間伐材を使用した「割箸」を(株)磐城高箸が、3県の復興を祈念して「希望のかけ箸」(500円)として販売されていると紹介した。

売上(定価)の内50円ずつが、岩手県陸前高田市、宮城県栗原市、福島県いわき市へ義捐金として直接寄付されるというので、1セット購入させてもらった。





9-0.JPG

H.Satoieさんと江戸東京野菜コンシェルジュ同期の小柳知子さんも、参加されていた。




b-1.JPG

上の画像をクリックすると拡大
最後に、次回、5月30日のチラシが配られた.


「和楽器ライブと江戸東京野菜とイタリアン」&スペシャルトークとして「江戸の粋」のお話。

また、第4回は6月27日で、再び落語で、今度は二つ目の入船亭小辰さんが出演する。

posted by 大竹道茂 at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック