2015年04月03日

4月2日、石神井川流域で、亀戸大根碑でも、ソメイヨシノが満開.


練馬区羽沢1丁目で、江戸東京野菜を栽培したいと云う話しがあったので、畑を見ようとカーナビで走っていたら石神井川に突き当り、川べりのソメイヨシノの並木が満開だった。

先日、31日、高知が満開と案内したが、ここにきて、東京も桜前線が通過しようとしていた。



1-1.JPG

上の画像をクリックする
桜の枝は、川面に向かって伸びて対岸からは、桜の花が屏風となって連なっている。

桜の並木は、住宅が日陰にならないように住宅の北側、川の南岸に植えられているから、川の北岸からは屏風のように、

南岸を歩くと桜のトンネルの中を歩いているようだった。




P1000826.jpg


江戸東京野菜の応援団の喜連川覚さんが、亀戸香取神社の桜を、亀戸大根碑の背景に撮って送ってくれた。

喜連川さんは、香取神社参道の「亀戸香取勝運商店街」に「発酵文化応援団」の店を出していて、先月福分け祭りではお世話になった。

喜連川さんありがとうございました。



posted by 大竹道茂 at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック