2015年05月04日

思い立って軽井沢塩沢湖畔の桜を見に出掛けたが、葉桜になっていた。


桜前線は、どこまで行ったやら、もう北海道へ渡ったようだ。
今年、初めて桜が咲いたのを見たのは、高知市の県立牧野植物園のリュウキュウカンヒザクラが1月27日に咲いたのを当ブログで紹介している。

その後は、石神井川流域(東京練馬) のソメイヨシノは4月2日の満開を紹介している

また、4月18日は、奥多摩わさびの花を見に標高400m辺りを登っていた時、雑木の中に山桜が咲いていた。




1-1.JPG

時間が取れたので、軽井沢に桜の花を見に行こうと数日前に思い多々立って、5月1日(金)、自宅を7時45分に車で出て、軽井沢に向かった。

入間インターチェンジから乗った圏央道、鶴ヶ島で関越道に入ったが、連休が始まる前なので思いの他、空いていた。
サービスエリヤで休み休み11時に着いたのが、塩沢湖のある「軽井沢タリアセン」。

塩沢湖畔の「平和観音」を取り囲むように植えられた、桜がひとつのボリュウムとなって、見事だったから、見に来たのだか、葉桜になっていた。残念!!

上の写真をクリックする
写真のデーター見ると、10年前の2005年4月30日になっているが、満開の桜は見事。
4月になるとパソコンの壁紙に使っていて、この季節になるとまた行こう、行こうと思っていたが、10年も経ってしまった。

JR軽井沢駅の標高が939mだというから、この辺りは930mぐらいだろうか。



2-1 (2).JPG


折角来たのに!!、との思いから、チケット売り場に戻って、満開は何時だったのかお嬢さんに聞いてみた。

10年前の4月30日は、特別開花が遅かったようで、例年26日頃だから写真のデーターは参考にならないという。

桜は「大山桜」、今年は、桜の蕾が膨らんできた20日に、積もるほどの降雹があり、
朝寒くて昼暖かいと云う寒暖の差が大きい日が続いたようで、

25日に咲き始めて、26日に満開になったと思ったら1日で散ってしまったそうだ。

「満開を見たいなら、事前に電話を戴ければ、桜の開花予測は教えられます。」とのこと。
写真のデーターを盲信してしまった、反省。

親切にいろいろ教えていただいたので、気分もすっきり!
柳沢佳奈子さんありがとうございました。

上の画像をクリックする
マップには、山桜が美しい平和観音の場所は紹介されていないが、レストラン湖水からペイネ美術館へ向かう途中にある。




3-1.JPG

遅咲きの大山桜が湖畔に咲いていた。

上の画像をクリツクする
新緑の湖畔に遅咲きの大山桜、
大きな桜の木ではなかったが、残雪の残る浅間山を背景に輝いていた。





4-1ャプチャ.JPG

上の画像をクリックする
こぶしの花は23日頃から咲き始めたという。.

軽井沢タリアセン」には、この季節以外には何度か来ているので、
軽井沢高原文庫、ペイネ美術館、深沢紅子野の花美術館など、一通り覗いていて、今回は桜を見に来たわけだが、コブシの花も美しかった。



posted by 大竹道茂 at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック