2015年05月21日

江東区立第五砂町小学校で「砂村一本ネギ」の採種用ネギ坊主の乾燥が始まった。


先日、砂町文化センター主催の講座で、江東区立第五砂町小学校にお邪魔して、銭元真規江栄養教諭に同校が取り組む「砂村一本ネギ」の栽培を通して食育授業を行っていることを、パワーポイントで紹介していただいた。

後日戴いた銭元先生からのメールには、
参加されていた、中瀬勝義先生から、先生の研究された論文等を送っていただいたという。
また、当ブログで、亀戸大根を紹介するときに名前が登場する喜連川覚さんも、参加されていたことを知り、

砂村一本ネギについても、一人でも多くの区民の皆さんに知っていただけるように、広めていただきたいと、皆さんとの出会いに期待していた。





1-1.JPG


講座当日は、銭元先生から、「皆さんに畑で見てもらおうと思って、ネキ坊主を採らないで畑に残しています」と、ご配慮を戴いたが、

上の画像をクリックする
その後、ネギ坊主を収穫し、全校生徒が利用する、ランチルームで乾燥し始めたと、写真添付のメールを戴いた。


2-1.JPG


パワーポイントで、ご報告を戴いた「食育だより」2015年No1を送って戴いた。
上の画像をクリツクする。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック