2015年07月16日

足立区の近藤やよい区長に、千住ネギの復活栽培決定の報告とお礼に伺う


足立区農業委員会の荒堀安行会長が足立区の伝統野菜・千住ネギを地元の小学校で復活させたいと準備を進めていたが、

先月、定野司教育長に、小学校の選定を要請したことは、当ブログで紹介している。




1-0.JPG


この程、同教育委員会では、千住ネギの栽培復活を希望する同区立小学校3校を決定したことから、荒堀会長が、近藤やよい足立区長と定野司教育長に、お礼に伺うというので同席させていただいた。

足立区の歴史や文化を今に伝える伝統野菜の復活栽培が、近藤区政の中で実現できることに、私からもお礼を申し上げた。

近藤区長も、お忙しい中十分に時間をとっていただいて、伝統野菜についてお話をすることができ、千住一本ネギの復活が、3校で実現できることを、喜んで戴いた。

今回決定したのは、足立区立千寿双葉小学校

足立区立栗原北小学校、

足立区立平野小学校の3校で・・・



区長室には、産業経済部の石居聡部長、石鍋敏夫振興課長、白田正博農業係長にご同行戴き、

教育委員会では教育指導室浮津健史室長に、今後、実施までの各校との打ち合わせや、実施日の決定などお願いした。

栽培指導については荒堀会長が、農業委員会の役員さんか、JAスマイルの地元青年部にお願いをすることで、対応したいと語っていた。
また、3校で行う千住ネギの歴史などの話は、荒堀会長から当研究会に依頼があった。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック