2015年07月24日

たまでんカフェ山下で開催された 第1回VEGRIAマルシェの写真が届いた。


たまでんカフェ山下で第1回VEGRIAマルシェを開催する案内は、先月、26日に当ブログで紹介したが、
第2回を開催するに当たり、メンバーの由井和也さんから写真が届いた。

この取り組み、江戸東京・伝統野菜研究会のメンバー由井さんが、都立園芸高校の同級生だった大原賢士さんと、川崎あずみさんの3人で始めた「VEGRIAマルシェ」。




1-1.JPG

世田谷の農家4軒で栽培された季節の野菜は、

とれたての トマト・ミニトマト・キュウリ
ナス・ジャガイモ・インゲン・バジル
シソ ・トウモロコシ・玉ネギ


そして江戸東京野菜の寺島なすは、隣接する三鷹市の星野直治さんが栽培したもの。

世田谷産たまごは、吉実園の放し飼いの有精卵だ。





2-1 (2).JPG

上の画像をクリックする
7月25日は農家1軒が加わり、世田谷産は5軒となる。

トマト・ミニトマト・キュウリ
ナス・インゲン・パプリカ・ゴーヤ
シカクマメ・オクラ・枝豆・寺島なす


由井さんたちは、世田谷産をさらに拡大するため、新規農家との折衝を重ねているが、、更に2軒の農家も来月以降で、加わる予定だとか。

又、吉実園の吉岡さんには、寺島ナスの栽培についても協力をお願いしており、来年からは有機質たっぷりの圃場で「寺島ナス」の栽培が期待されている。


posted by 大竹道茂 at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック