2015年08月07日

第1回 鎌倉大根プランコンテストの、ゲストティーチャーとして江戸東京野菜を伝えた。


6月だったか、鎌倉の大根料理店の女将さとうえださんから電話をもらった。

えだ女将は、鎌倉市佐助に平成10年に、大根料理の店「福来鳥」を創業して17年になるが、店を始めた頃から、地元の佐助稲荷神社に伝わるダイコンを復活栽培できないかと、周りの人たちに云っていたという。

昨年、鎌倉を熱くしたい人たちが集まるカマコンバレーの定例会で、永年の思いを吐露すると、慶応の学生 土肥梨恵子さんが、手を挙げて、私がやりますと受けてくれたという。

その後、土肥さんは、静岡三保地域活性化プランコンテストに参加して、ブラコン手法を学んだりしていて、今回の「鎌倉大根プランコンテスト」の実施につなげた。

ゲストティーチャーには、神奈川県農業技術センターの大根の専門家が、早々に決まった。

一方、えだ女将は、たまたま手に取った「まるごと だいこん」(絵本塾出版) を読み、大根について大人が読んでも面白い本なので編集長に電話で、大根の物語を話をしてくれる人を紹介してほしいと相談をしたら、監修の大竹を紹介してくれたのだという。




1-1.jpg

鎌倉大根を栽培したいという、えだ女将のお気持ちは理解したが、ご希望のお話が出来るかわからないので、新宿御苑で開催する「江戸東京野菜」の講座を聞いてからにしてほしいとお伝えした。

えだ女将は暑い中、新宿まで来ていただきご参加いただいて、楽しんでいただいた。そして、結果ゲストティーチャーを依頼され、数日後、「農」のある暮らしづくりアドバイザーとして(一財)都市農地活用支援センターから派遣を指示された。

上の画像をクリックする
プランコンテスト当日は、東京駅近くの商業施設「KITTE」で、「にっぽん伝統野菜フェア」が実施されていたが、次世代を担う大学生の皆さんたちに、江戸東京野菜について知っていただく良い機会なので、フェアは納所二郎理事長のお願いして、鎌倉に向かった。

シェアスタイル創造人の太田賢太郎さんが鎌倉駅まで、店の車で迎えに来てくれていた。
鶴岡八幡宮の出口とは反対の西口で、銭洗い弁天へ行く途中に「福来鳥」があり、その先に「佐助稲荷神社」がある。


2-1 (1).jpg

上の画像をクリックする
13時を回っていたが、えだ女将は食事を用意してくれた。

カツオの揚げ物と野菜のピクルスに、ジャガイモが入っていたが、始めていただいた、美味しい。

メールで連絡を取り合っていた福来鳥のスタッフ、菅沼怜子さんと鷲崎あづささんにもお会いした。





3-1.jpg

挨拶に立った、土肥さんと、えだ女将。

今回のコンテストは、大根専門料理店「福来鳥」の女将さとうえださんと、
「鎌倉から新しい大根文化をつくり出す」ための、 1泊2日の地域密着合宿型プランコンテスト!

土肥さんが作成した案内には、特典としては、
TVや雑誌でも取り上げられる程人気の「かまくら福来鳥」の大根料理を特別にいただけます。

2日間だけでない大根との関わり 今回参加した方には特別に、 今後も「鎌倉大根イベント」に招待します、とあった。

<今後の予定> 8月中旬 大根植えイベント 11月 収穫イベント 12月 「大根炊き」イベント
参加費: 3000円(宿泊・食費代込み/当日支払い)

参加者は、土肥さんの後輩やネットワーク、カマコンバレーの参加者など、皆さんが集まった。

慶応義塾大学1年生4人、2年生3人、3年生2人、立教大学2年生1人、早稲田大学院生2年、東京農業大学1人、で、3チームに分かれて、プランをまとめるというもの。





4-1.JPG

ゲストティーチャーとして最初に指名を受けた。

上の画像をクリックする
「江戸東京野菜」を聞いたことのある人!、と皆さんに訪ねたところ、2人の方が手を挙げてくれた。

今日来てよかった。知らない方々が多い中での話には、力が入る。
因みに、聞いたことがあると云ってくれた1人は、練馬育ちの慶大生で、練馬大根引っこ抜き競技大会が行われていることも知っていた。


大根の話に絞ったことから、
えだ女将も、立って聞いてくれ、新宿御苑では話さなかったこともお伝えした。

神奈川の伝統野菜として知っている大根も映像で紹介した。
「波多野大根」「三浦大根」「寺尾二年子大根」「横浜中部の中太り大根」そして「三浦半島のハマダイコン」。




5-1.JPG


地元のゲストティーチャーとして、神奈川県農業技術センターの原康明研究課長〈三浦半島地区事務所〉がお見えになっていた。

神奈川県では、三浦半島地区事務所の原課長のもとで、三浦ダイコンの改良研究を行っていて、
同所で育成してきたダイコン白首総太り系統と横浜植木系統のF1系統について、特性を検定するとともに、現地での試作を伊勢原、厚木及び三浦で実施している。

何れも、白首総太り型の根形を安定して示し、生育が早く、食味も青首だいこん‘耐病総太り’と同等で、品種として有望と考えられたことから、「湘白」として品種登録申請を行ったと云う。
上の画像をクリックする



6-1.JPG

野菜本来の味を知ってもらえるように、調理されていた。

上の画像をクリックする
お料理の数々は、冷やした大根スープにミニトマト




7-1.JPG

スペシャル大根ディナー
上の画像をクリックする
お料理を戴きたかったが、丸の内で行われている「にっぽん伝統野菜フェア」は、夜20時までなので、お料理の写真だけ撮って、「KITTE」会場に戻ったが、19時だった。




8-1.JPG

上の画像をクリックする
女将の人柄にひかれて、永いお付き合いのお客様も多く、今回は支援者としてお見えになっていた。
支援者のひとり、山口勉さん(写真右端)はリタイヤの後、平塚で野菜三昧の日々を楽しんでおられ、テーブルに並んだ野菜は持ってこられたものだが、相当な技術た。

立教大学経営学部の北村さんが参加していたので、同大の経済学部では江戸東京野菜の「雑司ヶ谷ナス」を校内で栽培していることをお伝えしたら、今度校内を探してみると云っていた。

早稲田の院生・古賀さんには、早大生による大学周辺の早稲田ミョウガの捜索隊を結成し発見。
早稲田ミョウガで東北支援をしていることも伝えた。

慶応義塾大学の三田には、伝統野菜は無かったのかと、同校OGの向笠千恵子先生から尋ねられた話は、当ブログで紹介している。

今回は、大根の話だったので話す機会はなかったが、今回参加した同校の皆さんに、三田キャンパス内に薩摩藩邸にあった「孟宗竹」を植えるような「プランコンテスト」を実施してもらえないか相談しようと思っている。

東京農大醸造科学科の佐藤さんはFaVoの2代目代表で活動の資料を戴いたが、江戸東京野菜の食育の取り組みに興味をもっていただいたので、江東区立第五砂町小学校の事例を紹介した。

追伸

後日、えだ女将から、プランコンテストの経過について電話をもらった。
3チームとも、全員が熱心にプランを出し合ってくれたとかで、「鎌倉から新しい大根文化をつくり出す」ヒントをもらったようで、涙が出るほどうれしかったと・・・・。



posted by 大竹道茂 at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉大根
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック