2015年08月19日

こどもの森の畑で、9月から始まる練馬大根栽培は、渡戸章さんが指導する。


練馬区羽沢の「子どもの森」で、江戸東京野菜野を栽培したいという、NPOあそびっこネットワークの中川奈緒美代表理事に、練馬大根栽培の第一人者・渡戸章さんを紹介したことは、当ブログで紹介した。

別の用事で渡戸さんのお宅に寄ったら、明日、こどもの森に行くからと云うので、渡戸さんの指導を受けられる状況なのか、心配になって、こどもの森の畑に行ってみた。





1-1.JPG

こどもの森の南側の「畑」丸がある。

上の画像をクリックするプレーリーダーの佐々木健弘さんと、金秀妍さんが、雑草で覆われていた畑の草むしりをしていて、どうにか渡戸さんの指導を受けられる状況になっていた。



2-1.JPG

渡戸さんは、軽トラで、耕耘機を持ってきてくれた。

上の画像をクリックする
佐々木さんも、大学生の中川大己さんも、耕耘機の運転は初めて、渡戸さんの説明を聞きながら、若い2人はさすが、上達は早い。

耕耘機は、中川代表理事がお願いして、渡戸さんからしばらく借りておくことになった。

何でも、大学生の中川さんは、近いうちに北海道でトラクターの免許をとるそうで、今後、同園の野菜栽培のリーダーとして期待されているとか。





3-1.JPG

9月以降、畑での栽培について、渡戸さんからアドバイスがあった。

上の画像をクリツクする
畑の半分、南側は、根菜類が植えられるが、残り半分は残土を入れたようで、根菜類は無理との判断になった。

練馬大根は、渡戸さんの指導で150本を栽培するのをはじめ、カブ、小松菜、ホウレン草、ネギ、ブロッコリーなどとなった。

特に、練馬大根は、干し大根にして、沢庵漬け、また数本残して採種も行う等
中川代表理事から夢が語られた。


posted by 大竹道茂 at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック