2015年08月24日

ジャンボカボチャが、西武線の線路脇の畑で育っていた。


先日、都心での仕事の帰りに、高田の馬場で遅めの昼食をとってから、拝島行の急行に乗ったまでは良かったが、食後の眠気に冷房が程よく、ぐっすり寝てしまい。
終点の拝島駅で、車掌さんに起こされてしまった。

下車駅は西武立川で、ひと駅だから遠くまで行ったわけではないが、座っていたのでは、また寝てしまって、新宿に逆戻りになってもと、座らずに立って車窓から外を眺めていた。





1-1.JPG

下車駅の、西武立川駅のホームに入るためにブレーキがかかつた辺りと思うが、大きなカボチャがゴロゴロと線路脇の畑で稔っているのが目に入った。

自宅の近くで、ジャンボカボチャ(アトランティックジャイアント) を作っている人がいるんだと思って驚いた。

上の画像をクリックする
写真を撮りたいと思ったが、やたらと畑に入っていくのは、マナー違反だからどうしたものかと思っていたが、地元JAの原部長代理に同行してもらった。

原部長代理には、江戸東京野菜の普及でお世話になっていて、春には東大和の内野孝さんを紹介してもらった。


2-1.JPG

上の画像をクリツクする
大きいカボチャが6〜7個、実っていた。

原さんに聞くと、立川市の農業祭に出すようだという。

追録

何年か前に、JA東京あおばの田柄支店で、ジャンボかぼちゃの大会を実施ていいたが今はどうしているのだろう。




posted by 大竹道茂 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック