2015年08月31日

明日、9月1日、「小料理石井」が、大泉学園駅近くに、開店する。


和食の料理人石井公平さんからメールをもらったりのは、6月だったか、
探していたお店が西武池袋線大泉学園駅の南側、線路沿いに見つかったとかで、9月に開店するのだという。

石井さんが、江戸東京野菜の入門講座を受講されてから情報交換をしていたが、石神井の三宝寺池の近くの、練馬区立「ふるさと文化園」でお会いしたことがあった。



1-1.JPG

上の画像をクリックする。

8月1日付の案内をいただいたのは、7月の末だった。
石井さんは奥多摩ワサビの収穫体験にも参加されているから、江戸東京野菜コンシェルジュ協会の皆さんも、良く知っている。

開店前にお祝いと激励に伺おうと、上原恭子さんにまとめ役を頼んで、石井さんとの調整をお願いしていた。



2-1.JPG

上の画像をクリツクすると拡大。
本日の献立には、地元の野菜の中に江戸東京野菜も入っていて、生産者も紹介されていた。




3-1.JPG

参加されたのは、納所二郎理事長、福島秀史氏、上原恭子氏、齋藤朝子氏、竹内すみれ氏
新倉大次郎氏、矢ヶ崎宏行氏、野坂亮太氏で、遅れて園畑厚子氏。(順不同)

上の画像をクリツクする
お店の売りは、「出汁」。
店に設置してあるのが、大田区の下町工場エムエム食品の「鰹節スライサー」。

この機械、世界一硬い本枯れ節を世界一薄く削るをモットーに作り上げたもので、
何でも、個人店としては、都内初設置だと云うから、石井さんの「こだわり」が伝わってくる。

カツオの血合い抜き本枯れ節(左)と、ネジマグロの血合い抜き本枯れ節の食べ比べを、絹ごし豆腐で味わった。





4-1.JPG

先付
新取菜(シントリ菜)  のお浸し

長芋ソーメン
長芋、そうめんカボチャ、オクラ


新取菜に掛けられた出汁が優しい味。
関西では鰹節を作る過程で何度か燻した荒節を使うが、関東では本枯れ節が使われている

江戸の始め、関西から荒節を船で運んできた。船倉に積んだ荒節にカビが生え、何度拭き取っても、生えることから、江戸に着いたときには、もう食べられないと思われたが、カビが荒節の乾燥を助け、固い鰹節の本枯れ節が出来ていた。

鉋で削って食べてみると美味しいことから、江戸では本枯れ節が食べられるようになったと云う。

上の画像をクリックする
お酒は、焼酎の「百年の孤独」をいただいたが、料理の味が引き立つ。




5-1.JPG


上の画像をクリックする
先付
内藤カボチャの茶碗蒸し

お椀
雑司ヶ谷ナスのすり流し


雑司ヶ谷ナスは野坂さんが栽培したもの

すり流しは好きで、得意な料理のひとつだという。






6-1.JPG

お造り
鱧たたきと本鮪
つまものに、江戸東京野菜の、紫芽と花穂、早稲田ミョウガ、、
奥多摩ワサビ


早稲田ミョウガは、矢ヶ崎さんの栽培したもの。

前に聞いたが、修行は「つきぢ田村」で、三代目田村隆さんの指導を受けたそうで、後日、ラー・エ・ミクニで、三代目にお会いした時に、石井さんの話をしたら、大勢いる弟子の中でも印象が強く、すぐ思い出して「宜しくお願いします」と・・・、さすが弟子思いだ。

凄い機械を探し出したものだと「鰹節スライサー」について聞いたら、「つきぢ田村」が使っている築地の鰹節屋でメーカーを教えてもらったとか。ご縁がある。




7-1.JPG

煮物
冬瓜と金町コカブ、煮穴子

上の画像をクリックする

メニューに無いが、江戸東京野菜の金町コカブは、矢ヶ崎さんが栽培したもの。

自慢の出汁が優しい。





8-1.JPG

揚げ物
松茸と新生姜、無花果の天ぷら。

上の画像をクリツクする

新生姜は谷中ショウガで矢ヶ崎さんが栽培しているものだ。
メニューに無いのが、滝野川大長ニンジンのおろぬきが乗っていた。

滝野川大長ニンジンは、12月20日過ぎが収穫期の、お正月のお節用だが、
このような使い方も良い。
香りが良かった。





9-1.JPG

サラダ
牛シャブサラダ


サラダに使われたルッコラとラディッシュは、矢ヶ崎さんが栽培したもの

石井さんは、前に上原さんに矢ヶ崎農園に連れていってもらったとかで、

数日前に独りで野菜を買いに行ったそうだが、メニュー用にシントリ菜やルッコラ等は購入したが、江戸東京野菜コンシェルジュ用に、矢ヶ崎さんの勧めもあって、
金町コカブ、早稲田ミョウガ、谷中ショウガ、滝野川大長ニンジンのおろぬきを入手。




10-1.JPG

自家製梅干し
梅は、南大泉の高橋長之助さんが栽培したもの

上の画像をクリツクする食事
新レンコンとジャコの御飯。
止め椀
青唐と赤万願寺の味噌汁






11-1.JPG

甘味
葛切り


みんな満足のようだった。
石井さん、ご馳走さまでした。


 「小料理 石井」
03−4283−1430
練馬区東大泉 5−36−14
西武池袋線大泉学園駅 南口を出て左に線路沿いを直進、徒歩3分
営業時間
ランチ 11:30〜14:00( lo13:30)
夜  17:30〜22:00( lo21:30)
「ご来店の際は電話にて予約をお願いします」





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック