2015年09月29日

平成27年度 練馬区「農の学校」特別企画 江戸東京野菜の栽培講座が行われている。


今年の4月に、練馬区高松1丁目に、練馬区「農」の学校が開校したが、下期からは、「江戸東京野菜の栽培講座」が予定され、8月1日の練馬区報には、区民を対象に募集が掲載されていた。

栽培指導の講師は、江戸東京野菜コンシェルジュで練馬区平和台の渡戸秀行さん。
そして、座学を私が受け持った。

同講座は9月12日に始まっていて、露地では、練馬ダイコン、金町コカブ、亀戸ダイコンの種まきが終わった。



2-1.JPG

講座では、24日に撮影された資料が配られたが

上の画像をクリックする
見本用として、練馬ダイコンの他、ビニールハウス内では、ごせき芯とり菜、ごせき晩生小松菜は、先行播種も含めて、順調な生育を見せている。


1-1.JPG

特別講座としての「江戸東京野菜の栽培講座」のシラバスを見ると、
栽培の他、座学として「江戸東京野菜の歴史と魅力」が含まれていて、講師を依頼されていた。

26日、会場は練馬区役所東庁舎7階会議室で、14時から1時間半を頂いて、話をさせていいただいた。

「江戸東京野菜とは」として江戸東京野菜の定義を説明。
伝統野菜の固定種と、1代雑種の交配種の意味について説明を行った。

江戸東京野菜が、今年度で、42品種になったことを伝え、
この度の、栽培講座で栽培している、練馬ダイコン、金町コカブ、亀戸ダイコン、シントリ菜(ごせき芯とり菜)、伝統小松菜(ごせき晩生小松菜)と、

地元JA東京あおばが、復活・普及の推進に取り組んでいる、
東京大越ウリ、渡辺早生ゴボウ、志村みの早生ダイコン、雑司ヶ谷ナスについては、練馬における栽培事例として紹介した。



posted by 大竹道茂 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育・食農・講演会等
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック