2015年10月30日

足立区立の小学校で江戸東京野菜の千住ネギの植え替えを行った。


足立区の伝統野菜・千住ネギは、昭和40年代以降、近隣の埼玉県に産地が移動する等、栽培されなくなっていた。
このようなことから、同区農業委員会の荒堀安行会長から、小学校での栽培復活について相談を受けたもので、8月末に種まきをしたことを、当ブログで紹介している。





1-1.JPG

先週の20日(火)には、栗原北小学校と平野小学校が、26日(月)には千寿双葉小学校で、

上の画像をクリックする
荒堀会長と地元農業委員が指導して、定植作業が行われた。


2-1チャ.JPG

栗原北小学校は、荒堀会長の地元、

上の画像をクリックする
1時間の中で作業が終わるように、事前に農業委員さんも手伝って菜園に畝を作り、
また、プランターで生育した苗を抜き取り、生徒達に手渡してから、作業が始まった。





3-1.JPG

平野小学校は、学校の近くに農地を借りて学校菜園にしてあることから、広々とした菜園で定植作業を行った。

上の画像をクリックする
当日は、東京MXテレビか、取材に入っていて、
この模様はYouTubeで流れている。

東京MXテレビでは
子どもたちは種まきから収穫までを行い、
種を採って次の学年に引き継ぐことになっていて、
足立区では「命のつながりや、食の大切さを学んでほしい」としています。





4-1プチャ.JPG

千寿双葉小学校は屋上菜園。

上の画像をクリックする
屋上で菜園が浅いことから、根深ネギを栽培するのは難しいが、農業委員さんの説明を聞いて丁寧に植えていた。

各学校とも学校で育てた苗が相当余ったが、無駄にすることのないよう、地元の農業委員と若手農業後継者・JAスマイル足立地区青年部の皆さんが、各校の給食用に栽培することになった。

尚、今後は、生育を見ながら、ネギ農家に伝わる「土寄せ」の技術を、農業委員の指導で何度か行うことで、千住ネギ本来の根深ネギを栽培することになっている。

追伸


27日の朝日新聞朝刊「東京川の手」版に、「千住ネギ復活へ 小学生が挑戦中」〜足立、苗の植え替え〜として掲載され、ポイントの「5月ごろ種を採って下級生に引き継いでいく・・・」と、東部支局の黒川和久記者は書いてくれた。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック